人生に、もふもふを。

「僕も家に入れて!」と窓越しにお願いしてきた子猫。保護から1ヵ月が経つと、里親さんの心を支える存在に

0

ある日、猫を多頭飼いしている家に迷子の子猫『ビンクス』が現れ、家の中に入りたそうに鳴いてきました。住人の女性はすぐに網戸を開けてご飯を食べさせ、ビンクスを家の中に入れてあげました。

「ビンクスは全身がノミで覆われていて、とても痩せ細っていました。すぐにお風呂で身体を綺麗にして、食べ物と寝る場所を用意しました」と女性が言いました。

既にこの家には複数の猫が暮らしていたため、女性はビンクスを飼おうとは思っていませんでした。しかし、ビンクスの可愛らしさは、すぐに女性の心を盗んだのです。

動物病院に行ったビンクスは獣医さんに隅々まで診てもらい、異常がないことを確認してもらいました。その後、ビンクスは正式に家族として迎えられ、ずっとこの家で暮らすことになったのです。

新しい家がとても気に入ったビンクスは、いつも優しい女性に抱きつきながら楽しい時間を過ごしていました。

そんなビンクスですが、家に来てすぐに先住猫の『ニッケル』のことが大好きになりました。そして数日後には、ニッケルの方もビンクスのことを完全に受け入れたそうです。

16歳の老猫だったニッケルはビンクスにたくさんの愛情を注ぎ、共に行動するようになりました。いつも一緒のふたりはまるで親子のような関係になったのです。

しかし、ビンクスが現れてから約1ヵ月後、ニッケルはこの世を去りました。

「私はビンクスがこの家に来たのは偶然ではないように感じています。もしかするとニッケルがビンクスを呼び寄せ、自分がいなくなる前に全てを託そうとしたのかもしれません。」

「ニッケルはオス猫でしたが、ビンクスにとってはお母さんのような存在でした。ふたりが仲良くしていた姿を私は一生忘れません。」

その後もビンクスは女性の元ですくすくと成長していきました。

「ビンクスが家に来てから半年が経ちました。彼はとても健康で、全身の毛がフワフワしています。私は彼がこれから先、どのように成長していくのかが本当に楽しみです。」

「ビンクスは私の恋人です。彼はニッケルを失った私を優しく癒してくれました。」

「私はビンクスとの出会いに不思議な力を感じています。ビンクスは私に助けが必要な時に、この家に来てくれました。私はビンクスと出会えたことに心から感謝しています。」

こうして家の庭に現れたビンクスは、愛猫を失った女性の心を救いました。女性が言うように、もしかすると猫達には私達の知らない不思議な力があるのかもしれませんね。
出典:hrtofdixielovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう