人生に、もふもふを。

譲渡会で毛布の後ろに隠れていた内気な子猫。優しい老夫婦が優しく抱きしめた瞬間、子猫の心に大きな変化が!

0

ある日、子猫の『アメリア』がTNR活動(野良猫の不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す活動)で保護されました。アメリアには母親や兄弟がおらず、とてもお腹を空かせていました。

アメリアはすぐに保護施設『スパークル・キャット・レスキュー』に運ばれて、養育主のローワンさんの元で元気を取り戻しました。

アメリアは再び独りぼっちになりたくなくて、いつもローワンさんに寄り添っているそうです。

「アメリアはとても甘い子猫で、抱っこされながら会話をするのが大好きです。また彼女は昼寝の時間になると、私の首に巻きつきながら眠ることがよくあります」とローワンさんが言いました。

その後もアメリアはローマンさんの家ですくすくと成長し、里子に出る準備を整えました。アメリアは生涯の家族と出会うために、里親譲渡会に参加しました。しかし、内気だったアメリアは会場の雰囲気に圧倒されてしまい、ケージの隅から動かなくなり、毛布の後ろに身を隠してしまったのです。

「他の子猫達はみんなケージの前の方で元気に動き回っていました。でもアメリアだけはずっと隅の方に隠れていました」とスタッフのブリトニーさんが言いました。

「私達はアメリアが快適に過ごせるように、ちょうど彼女が入るくらいの箱を用意することにしました。」

さっそくスタッフ達が箱を用意していると、一組の老夫婦がアメリアのケージの前で立ち止まりました。夫婦は最初、アメリアの姿を見つけることができませんでしたが、毛布の後ろから少し出ている耳に気づきました。

ケージの隅ですくんでいるアメリアの姿を見た夫婦は、アメリアに新しい人生を歩ませてあげたいと強く感じました。夫婦は隠れているアメリアをケージから出してもらうと、すぐに優しく抱きかかえました。

その瞬間、夫婦に愛情を感じたアメリアは、すぐにリラックスし始めました。さらにアメリアは「一緒に連れていって」と言っているかのように、肩に手をかけて離さなくなったのです。

夫婦はアメリアの反応を見て、自分達が探していた猫に出会えたことを強く感じました。

アメリアはその日、保護施設を後にして、夫婦と一緒に新しい家へと向かいました。

「アメリアはとても幸せで、新しい家族のことが大好きです。彼女は完全に夫婦のことを選びました」とブリトニーさんが嬉しそうに話してくれました。

アメリアは現在、暖かい家の中で何不自由ない生活を送っています。アメリアはいつも夫婦の後を追いかけながら、幸せいっぱいに寄り添っているそうです。

こうして路上で見つかった独りぼっちのアメリアは、優しい夫婦との出会いで人生が大きく変わりました。アメリアは夫婦と一緒の時間が大好きで、いつも膝の上で丸くなりながら幸せそうに過ごしているそうです(*´ω`*)
出典:sparklecatrescuelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう