人生に、もふもふを。

優しくしてくれた家族の元に何度も戻ってきた子猫。路上での生活に別れを告げて、幸せいっぱいの毎日をスタートさせる!

0

今から数週間前、カナダのモントリオールに三毛猫の子猫が現れました。住人家族は食べ物を探していた子猫の姿に気づくと、庭のポーチにいくつかの食べ物を用意しました。非常に空腹だった子猫はその食べ物を物凄い勢いで食べて、次の日も姿を現しました。

家族は子猫がどこかの家から逃げてしまったのかもしれないと思い、近所の人達に尋ねて回りましたが、結局子猫の飼い主さんは見つかりませんでした。その間も子猫は毎晩庭に戻ってきて、食べ物を期待して、家の外で辛抱強く待っていました。

子猫はいつも家族が現れて食べ物を用意するまで、大人しくドアの外で座っていました。そんな状態が何日も続いた後、子猫は徐々に警戒心を解いて、少しずつ近づいてくるようになりました。

家族は子猫がひとりで路上を彷徨い歩いていることが耐えられなかったため、子猫を保護して、新しい人生を歩ませることに決めました。

家族はその夜、子猫を家の中に連れていくと、静かな部屋で過ごさせました。そのおかげで子猫は気持ちを落ち着かせることができ、必要な休息を取ることができました。子猫は容器からキャットフードをたくさん食べた後、快適なベッドで気持ち良さそうに眠り始めました。

翌日、家族は地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に助けを求めました。その後、子猫は保護施設へと運ばれて、獣医さんの診察を受けました。

「私達は子猫を獣医さんの元に連れて行き、必要な治療を受けさせました。彼女はマイクロチップを持っていなかったため、私達は『グレナディン』と名づけました」と保護施設のスタッフが言いました。

グレナディンは全身を綺麗にしてもらい、健康な状態に戻るまでの間、動物病院で過ごしました。「グレナディンは家族のおかげで随分と人間慣れしていたため、私達がケージの扉を開けるとすぐに、こちらに向かってきました。そして仰向けになって転がり、ナデナデを要求してきました。」

今まで野良猫として生きてきたグレナディンは、こうして路上での生活に別れを告げて、養育主さんの家で過ごし始めました。グレナディンはそこで完全に自分の殻を破って、室内生活を楽しみ始めました。

グレナディンは再びひとりになりたくなかったようで、いつも誰かのそばで過ごしているそうです。

「グレナディンは路上での厳しい生活に別れを告げました。彼女は日に日に自信に溢れてきていて、家猫として生きる楽しさを学び始めています。」

現在のグレナディンは素敵な仲間と素晴らしい個性を持っています。グレナディンはお気に入りの杖のオモチャを見ると、夢中になって遊び始めるそうです。

「グレナディンはとても甘い性格の猫で、よく窓辺で昼寝をしたり、日光浴を楽しんだりしています。彼女は人間と同じ部屋にいるのが好きで、ドアが閉じている時は開けるように要求してきます。」

完全に室内生活を受け入れたグレナディンは、もう食べ物や避難場所の心配をする必要はありません。グレナディンは毎日の生活に満足していて、生涯の家に旅立つ日が待ちきれないようです。

こうして優しい家族に出会ったグレナディンは、養育主さんとの生活の中で心を開くことができました。きっと新しい家に旅立ってからも、グレナディンの幸せいっぱいの日々は続いていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう