人生に、もふもふを。

足の障がいにも負けず、いつも元気に生きる子猫。待ち望んでいた最高の家族に出会い、毎日が幸せいっぱいに!

0

ある日、後ろ足に障がいを抱えた9週齢の子猫が、保護施設『アラスカズ・カーツ』のシャノンさんの元へとやって来ました。子猫はとても甘い性格で、いつも周りの人達の注意を引いて、たくさんの愛情を求めてきました。

子猫は新しい環境にすぐに落ち着き、一生をこの場所で過ごすことになりました。子猫は後ろ足に障がいを抱えていますが、それが子猫の行動を遅くすることはありません。子猫は忙しそうに家の至るところを歩き回って、高いところに登り、全力でオモチャを追いかけているそうです。

「子猫は足がねじれた状態で生まれましたが、ここに来るまでに一度も獣医さんのところに行ったことはありませんでした。子猫は全身がフワフワで、魅力的な個性と強い意志を持っています」とシャノンさんが言いました。

シャノンさんは子猫に『パール』と名づけて、家に暮らす動物達を紹介しました。するとパールはすぐに『シンダー』という名前の犬と強く結ばれました。

シンダーはとても優しい犬で、いつも子猫や子犬を温かく迎え入れます。パールと出会った時のシンダーは手術からの回復途中でしたが、パールと出会えたのが嬉しくて、子守りを止めることができませんでした。シンダーは自分のベッドにパールを連れて行き、まるで我が子のように毛づくろいを始めたそうです。

「私達はパールとシンダーがお互いに癒し合っているように感じました。ふたりは出会った瞬間に結ばれて、それ以来ずっとシンダーはパールを世話して、パールはシンダーに夢中になっています。」

パールは犬のお母さんのことが大好きで、遊び疲れると自然とシンダーに寄り添いながら、大きな音で喉をゴロゴロと鳴らし始めるそうです。

パールは後ろ足に障がいを抱えていますが、自分が他の猫と違っているとは思っていません。パールはご飯の準備が整うと、一番最初にダイニングに飛び込んでいきます。そのスピードは驚くほど速く、誰も追いつくことができないそうです。

「パールがここにやって来た時の体重は僅か770gほどで、先が見えない状態でした。でも彼女はとっても元気な子猫になり、確実に成長していきました。彼女は幼い頃から強い精神の持ち主で、みんなの助けを借りながらここまで大きくなりました。」

「障がいを抱えた猫達は他の猫達とは少し違って見えるかもしれませんが、どの子もみんな輝いていて、常に私達のことを驚かせてくれます。」

パールはその強い前足を使って、他の猫達と同じように行動することができます。パールは自分の人生をとても愛していて、いつも嬉しそうに喉のゴロゴロ音を響かせているのです。

「パールは毎日私の肩の上に登って、耳の近くでくつろいでいます。私はいつも彼女の大音量のゴロゴロ音を聞きながら、幸せな気持ちに包まれています」とシャノンさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして生涯の家に辿り着いたパールは、ずっと望んでいた最高の家族に出会うことができました。パールはこれからも力強く生きながら、優しい家族と共に幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:alaskaskaaatslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう