人生に、もふもふを。

外で独りぼっちになっていたところを助け出された子猫。保護先で衰弱した状態から回復すると、再び自分の足で歩み始める

0

2週間前、保護施設で養育ボランティアをしているヘイリー・ウォーさんが、レストランの外で見つかった幼い子猫についての連絡を受けました。子猫は独りぼっちで、そばには母親や兄弟の姿はありませんでした。

ヘイリーさんは既に数匹の保護猫を養育していたため、これ以上子猫を預かろうとは思っていませんでしたが、子猫の話を聞いて「ノー」と言うことはできませんでした。「子猫を見つけた人は、彼女をどうしていいか分からなかったため、私のところに連絡をしてきました」とヘイリーさんは言いました。

「彼女は少し混乱していました。彼女は上気道感染症を患っていて、体重が少なく、脱水症状でノミに覆われていました。」

子猫を引き取ったヘイリーさんが最初にしたのは、全身についたノミを綺麗にすることでした。ヘイリーさんは子猫をお風呂に連れて行き、ノミや汚れを洗い流して、フカフカのタオルで包み込みました。

「私は彼女のためにヒートパッドを用意しました。彼女は温かさを感じながら、喉をゴロゴロと鳴らし始めました。」

その後、子猫は抗生物質と蒸気吸入器で治療を始めました。子猫は一時的に状態が悪化することがありましたが、何とか危険な状況を乗り越え、回復へと向かい始めました。

子猫が再び正常に呼吸ができるようになると、嗅覚を取り戻し、食欲が出てきました。そして子猫は栄養いっぱいのご飯を心ゆくまで食べることができるようになったのです。

「彼女はまだ抗生物質を服用していますが、随分と元気を取り戻しました。彼女はとても甘い性格で、私の声を聞くとすぐに愛らしい反応を返してくれます。」

「彼女は哺乳瓶でミルクを飲むことと他の動物と遊ぶことが大好きです。彼女は人間や他の動物の姿を見つけると、可愛い足取りで追いかけ始めます。」

ヘイリーさんは子猫の世話で何日も眠れない夜を過ごしましたが、そのおかげで子猫は元気を取り戻し、着実に体重を増やし始めました。

ヘイリーさんの愛情ですっかり人間好きになった子猫は、いつも幸せいっぱいに甘えてくるようになりました。また好奇心が旺盛になった子猫は、日に日に行動範囲を広げているそうです。

「彼女が今好きなことは、ベッドの上を走り回って、先住犬が何をしているかを確認することです。彼女は先住犬が移動するたびに後を追いかけます。彼女はまだ230gもありませんが、他の子猫達に追いつこうと頑張っています。」

子猫は毎日ご飯で膨らんだお腹をヘイリーさんに見せながら、満足そうに過ごしているそうです。

「私は彼女が日に日に成長し、健康な状態を取り戻していく姿を見て、心から幸せを感じています」とヘイリーさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして独りぼっちで保護された子猫は、優しいヘイリーさんや先住犬に出会い、新しい人生を歩み始めることができました。子猫はこれからも毎日前進を続け、生涯の家に行ってからも幸せな日々を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:fosterpetsofsaclovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう