人生に、もふもふを。

お腹の赤ちゃんのために自ら保護されにやって来た猫。安全な家の中に幸せを感じ、生まれてきた我が子に全ての愛情を注ぐ

0

ある日、保護施設『リトル・ワンダラーズ・NYC』のジェンさんが、路上で見つかった妊娠中の野良猫についての緊急の連絡を受けました。猫は全身が荒れた状態で見つかり、誰かの助けを必要としていました。

ジェンさんはキャリーとキャットフードを手に取って、現場に急行しました。そして到着するとすぐに、大きなお腹でこちらに向かってくる猫の姿を見つけました。

ジェンさんは猫のためにキャットフードを地面に置きました。すると猫はとてもお腹が空いていたようで、真っ直ぐにキャットフードに向かって、勢いよく食べ始めました。

猫は美味しいキャットフードにとても感謝しているようで、ジェンさんがキャリーを見せると、真っ直ぐに中へと入ってきました。どうやら猫はすでに路上生活に別れを告げる準備ができていたようです。

施設のスタッフ達は猫に『フリー』と名づけました。フリーは環境の変化を全く恐れておらず、施設に向かう間中ずっと満足そうに過ごしていました。

その後、養育ボランティアをしているケイトリンさんがフリーの話を聞き、すぐにフリーを預かることを申し出ました。

ケイトリンさんの家に着いたフリーは、まるでずっと前からこの家で暮らしていたかのように、家の中を歩き回って、仰向けでくつろぎ始めました。フリーは安全な家の中で暮らせることに大きな喜びを感じているようでした。

「フリーはまだ若く、1歳未満の猫です。彼女はずっと野良猫として厳しい環境の中で生きてきましたが、とても愛情深く、人間のことを信頼しています。」

それから約2週間後、フリーはケイトリンさんの元で5匹の元気な子猫を出産しました。子猫達はそれぞれ『ジェイド』、『ウィッシュボーン』、『クローバー』、『エイコーン』、『レディバグ』と名づけられました。

安全で快適な家の中で生まれた子猫達は、これから先もずっと路上で暮らす必要はありません。子猫達はすぐに綺麗で暖かいベッドに運ばれて、フリーお母さんにたくさんの愛情を注がれました。

それから数週間で好奇心の塊になった子猫達は、エネルギー全開で部屋中を駆け回り、至るところでイタズラをするようになりました。

フリーは子猫達が大きく強くなるにつれて、子猫達が自立できるように自由に過ごさせるようになっていきました。そしてそれとは逆に、徐々に人間と一緒に過ごす時間が増えていきました。

子猫達が離乳して十分な大きさになると、フリーは子育てを終わらせて、再び子猫に戻ったかのように行動するようになりました。フリーは完全に生涯の家に行く準備を整えたのです。

そして数日前、何ヶ月間も路上で生活し、ケイトリンさんの家で子育てを終わらせたフリーは、新しい家族に出会うことができました。

「フリーは永遠の家に無事に引っ越しました。私達のところには幸せそうな彼女の写真がいくつも送られてきました。」

現在、フリーは『キットカット』と名前を変えて、快適な家の中で何不自由ない生活を送っています。キットカットはいつも家族のことをハグしながら、幸せいっぱいの時間を過ごしているそうです。

一方の5匹の子猫達も生涯の家に向かう準備を整えました。好奇心旺盛で甘えん坊の子猫達は、これから出会う家族の元にも、たくさんの幸せと笑顔を運び続けることでしょう。

「子猫達はまるでパイのように甘く、それぞれに特別な個性を持っています。きっと彼らは迎えてくれた家族のことを、たくさんの愛情で包み込むことでしょう」とケイトリンさんが嬉しそうに話してくれました(*´ω`*)
出典:littlewanderersnyclovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう