人生に、もふもふを。

雨の中、完全に動かなくなっていた子猫。せめて埋葬してあげようと思った女性が微かな鼓動に気づき、瀕死の命を救い出す

0

ある日、雨が降り注ぐ冷たい路上で、産まれたばかりの子猫が見つかりました。子猫は地面に横たわったまま、全く動きませんでした。

雨水で全身が濡れていた子猫は、お腹にヘソの緒がついたままの状態でした。そんな子猫を見つけた女性は「かわいそうに…、せめて土に埋めてあげよう」と思い、子猫のそばへと近づいていきました。すると子猫の心臓が微かに動いていることに気づいたのです。

「このままでは死んでしまう!」と思った女性は、持っていた紙袋で子猫を包み、獣医さんのところへと急ぎました。

そして、獣医さんに診てもらった子猫は、何とか一命を取り留めることができたのです。

女性は子猫に『アイリス』と名づけ、家族に迎えることに決めました。

女性は帰宅するとすぐに、幼いアイリスが寒さで震えないように、暖かい毛布で包んであげました。そして哺乳瓶でミルクをあげると、アイリスは一生懸命に飲み始めたのです。

その日から女性と家族はつきっきりで看病を続け、アイリスは日に日に元気を取り戻していきました。

美味しいミルクが大好きなアイリスは、昼寝の時も哺乳瓶を離そうとしませんでした。そんな食いしん坊なアイリスのお腹を撫でると、いつも幸せそうな表情を見せてくれたそうです。

その後、家族の24時間体制の看病のおかげで、アイリスはすっかり元気を取り戻すことができました。そしてついにアイリスの目が少しずつ開き始めたのです。

あの時、もし女性が横たわっていたアイリスに近づかなければ、今頃アイリスはこの世にはいなかったことでしょう。女性の優しい気持ちが産まれたばかりのアイリスの命を救ったのです。

きっとアイリスはこれから先もずっと、命を救ってくれた女性や家族の元にたくさんの幸せを運び続けることでしょう。
出典:Klaanlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう