人生に、もふもふを。

後ろ足を動かせず、歩くことができなかった保護子猫。犬のお母さんに温かい愛情を感じると、毎日の生活が幸せいっぱいに

0

猫の『ハーパー』は3週齢の時に、アラスカに住む家族によって保護されました。ハーパーは両方の後ろ足が麻痺していて、動かすことができませんでした。

発見された時のハーパーは、ちょうど母猫に咥えられて運ばれている最中でしたが、人間に驚いた母猫が1mほどの高さからハーパーを落としてしまったそうです。

家族は取り残されたハーパーを保護すると、猫の保護団体に助けを求めました。その後、ハーパーを受け取った保護団体は、地元の保護施設『アラスカ・カーツ』へと連絡をしました。

「私達はいつも一緒に活動をしている保護団体から連絡を受けました。彼らはハーパーが生きていくためには、特別な場所が必要なことを知っていました」と保護施設のシャノン・アール・バスナーさんは言いました。

ハーパーはいくつかの健康上の問題を抱えていましたが、とても強い意志を持っていて、いつも前向きでした。

保護された時のハーパーは、自分でご飯を食べることができませんでした。そこで施設のスタッフ達はハーパーが健康な状態に戻るまで、2〜3時間おきにご飯を食べさせ続けたそうです。

「私達がハーパーをレントゲン撮影すると、彼の後ろ足がずっと前から麻痺していることが分かりました。私達の医療チームは、彼が産道を通る時に怪我を負ったのだろうと考えています。」

後ろ足にハンデを負っているハーパーですが、誰もハーパーの行動を止めることはできません。元気を取り戻したハーパーは、前足を上手く使って、自分の周りを動き回るようになったのです。

また、ハーパーは保護された時からハグが大好きな子猫でした。そこでスタッフ達はハーパーを色々なオモチャで囲み、抱きしめるためのヌイグルミを用意しました。しかし、ハーパーはオモチャやヌイグルミだけでは満足していないようでした。

そこでシャノンさんはハーパーを自宅に連れて帰り、先住犬を紹介することにしました。

「私の家には猫好きの犬が3匹住んでいます。中でもシンダーは子猫達を安心させる不思議な力を持っています。」

長い間、森の中で生きてきた保護犬のシンダーは、他の保護犬や保護猫達にたくさんの愛情を注ぐ、心優しい犬のお母さんでした。

そんなシンダーにハーパーを紹介すると、一瞬でハーパーのことを迎え入れてくれました。どうやらハーパーの方もすぐにシンダーのことが好きになったようで、シンダーの腕に鼻を擦り付けながら、大きな音で喉を鳴らし始めたそうです。

ハーパーはシンダーのおかげで安全を感じ、シンダーに擦り寄ることで幸せに包まれました。

その後、ハーパーが十分に大きくなった時、シャノンさんはハーパーのために車椅子を用意しました。

「ハーパーは最初、ゆっくりと歩き始めました。私は彼と一緒に遊びながら、彼を車椅子に慣らしていきました。今ではすっかり車椅子が気に入っていて、いつも私の周りを勢いよく動き回っています。」

シンダーは毎回、運動後のハーパーの足を優しく毛づくろいします。シンダーはいつもハーパーにイタズラをされますが、愛情深いシンダーは全てのことを許してあげるそうです。

「お互いに保護されたシンダーとハーパーは強い絆を築き上げました。ハーパーはとっても好奇心が旺盛で、彼の個性はさらに輝き始めています。」

「シンダーに寄り添っている時のハーパーは、大きな音で喉を慣らし続けています。そんな彼の姿を見ながら、シンダーはいつも優しい表情になります。その表情は私達の心をいつも温めてくれます。」

一方、ハーパーの母親と兄弟を探し続けていた保護団体は、無事に母猫と兄弟を保護することに成功したそうです。

現在、ハーパーは生後6ヶ月を迎えましたが、相変わらず甘えん坊で、まるで幼い子猫のように、大好きなシンダーにしがみついているそうです。

「シンダーもハーパーと遊ぶのが大好きで、今でもハーパーのことを赤ちゃんのように甘やかしています。」

「保護から半年が経ったハーパーは、元気いっぱいの優しい男の子になりました。彼は愛情いっぱいのシンダーのおかげで、素敵な猫へと成長しています」とシャノンさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして後ろ足を麻痺していたハーパーは、シャノンさん達のおかげで新しい生活を始めることができました。毎日、大好きなシンダーにたくさんの愛情を注がれているハーパーは、車椅子を上手に操作しながら、暖かい家の中を楽しそうに遊び回っているそうです(*´ω`*)
出典:AlaskasKaaatslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう