人生に、もふもふを。

道路脇で保護された幼い子猫。一緒に助け出された衰弱した兄弟に寄り添いながら、片時も離れることなく励まし続ける

0

ある日、子猫の『ウォーリー』と『イブ』が道路脇で保護されて、地元の保護施設へと運ばれてきました。子猫達はとても衰弱していて、命をつなぐことができるか分からない状態でした。

そんな子猫達の話を聞いた養育ボランティアのバーブさんは、子猫達を養育することを申し出ました。その後、バーブさんが子猫達を引き取りに行くと、施設のスタッフ達に「子猫達が生き残る確率は非常に低いだろう」と言われたそうです。それでもバーブさんは子猫達の命を諦めませんでした。

ウォーリーの方はイブよりも身体の衰弱が激しく、震えながらイブに寄り添っていました。「この時のウォーリーの目は諦めているように見えました。彼は私と目を合わさずに、いつもうつむいていて、微かな声で鳴いていました。彼は哺乳瓶からミルクを飲むことができなかったため、チューブを使って栄養補給を続けました」とバーブさんは言いました。

ウォーリーの容態は1週間ほど安定しませんでしたが、常にイブがそばに寄り添って励まし続けていたそうです。

そして1週間が過ぎた頃、ウォーリーはスプーンから少しずつベビーフードを食べられるようになりました。

イブはずっとウォーリーのことを守っていて、常に寄り添いながら応援していました。「イブがいなければ、今頃ウォーリーはここにはいなかったことでしょう。彼女はウォーリーに生きる意志を与えました。」

危険な状態を脱した子猫達でしたが、正常に歩くことができなかったため、バーブさんは足を強くするためのマッサージ治療を始めました。

そして、子猫達が身の回りを探索するために十分な力をつけると、子猫達は少しずつ遊び回るようになっていったのです。そのおかげで子猫達の足はさらに強くなり、健康的な身体へと変わっていきました。

無事に元気を取り戻したウォーリーは、その強い意志で獣医さんを驚かせました。ウォーリーは毎日好奇心が強くなり、イタズラ好きの子猫になっているそうです。

「ふたりの目は輝いていて、鳴き声はもうかすれていません。今のふたりは健康で幸せな子猫達です。」

「ふたりはいつも寄り添っているか、お互いの近くで過ごしています。ふたりの性格は少し違っていて、イブは社交的でお話し好きの性格で、ウォーリーは物静かですが好奇心の強い性格です。」

保護から数週間で子猫達は完全に開花し、他の保護子猫達とも遊ぶようになりました。

バーブさんはウォーリーとイブが十分に成長したら、子猫達を一緒に引き取ってくれる家族を探そうと考えていました。

そして無事にバーブさんの願いは叶い、子猫達に恋をした素晴らしい家族が見つかりました。生まれてすぐに辛い時期を過ごした子猫達は、この日ついに夢を実現させたのです。

子猫達はすぐに新しい家が気に入ったようで、すっかり家の支配者になりました。子猫達は人間のお父さんのことが大好きで、いつもお父さんの後を楽しそうに追いかけているそうです。

こうして先の見えない状態で保護された子猫達は、新しい人生をスタートさせることができました。生涯の家で幸せな生活を始めた子猫達は、これからも家族の元にたくさんの笑顔を運び続けることでしょう(*´ω`*)
出典:kitten_facestrashtotreasurekittieslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう