人生に、もふもふを。

「お客さんを連れて帰る」と息子から連絡をもらった母親。てっきり恋人かと思っていたら、ちょっと違ってました♪

0

ある日のこと、テキサス州のフォートワースに住む21歳の男性が、母親に「今からお客さんを連れて帰る」と連絡をしてきました。それを聞いた母親は「新しいガールフレンドを連れてくるのかもしれない!」と思ったそうです。

しかし、家に帰って来た男性の手には、小さな子猫が乗っていたのです。母親は予想外のお客さんに少し驚きましたが、男性が動物を持ち帰ったのは、これが初めてのことではありませんでした。

手乗り子猫出典:stupidgiri (lovemeow)

「息子は仕事中に階段の下で、この子を見つけました。子猫はそれから2日間も同じ場所にいました」と母親は言いました。

男性が子猫を見つけた時、片方の目が開かなくなっていました。男性は子猫の汚れを優しく拭き取り、子猫の目が開けられるようにしたそうです。

保護の後、家でお風呂に入った子猫は、徐々に元気を取り戻していきました。

見つめる子猫出典:stupidgiri

その日から男性は母親に協力してもらいながら、一日中子猫の食事の世話を続けました。

「息子は動物をとても愛しています。息子はこれまでに鳥や数匹の猫、その他にもたくさんの生き物を連れ帰ってきました。」

持たれる子猫出典:stupidgiri

男性は子猫にご飯を食べさせ、暖かいベッドを用意しました。子猫は優しい男性にとても感謝しているようで、腕にくっついて離れなくなったそうです。

母親は男性がガールフレンドではなく、小さな子猫を連れてきたことに、全く失望していませんでした。それどころか男性以上に愛らしい子猫との出会いに興奮したそうです。

抱っこされる子猫出典:stupidgiri

「息子には少し前までガールフレンドがいました。でも今は子猫が彼のガールフレンドです。」

座る子猫出典:stupidgiri

「どうやら子猫の方は息子のことをお母さんのように思っているようです。子猫は常に息子と一緒にいて、片時も離れようとしません」と母親は嬉しそうに話してくれました。

肩の子猫出典:stupidgiri

こうして動物好きの男性によって、幼い子猫の命が救われました。これからも子猫は美味しいご飯をたくさん食べて、男性の元で幸せな毎日を送っていくことでしょう。

そして優しい男性の目の前には、いつの日か必ず素敵なガールフレンドが現れることでしょう(*´ω`*)
出典:stupidgirilovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう