人生に、もふもふを。

ある日突然、犬用のドアから家に入ってきた野良猫。1匹ずつ子猫を咥えながら戻ってきて、5匹の子猫達を育て始める!

0

ある日、犬用のドアから1匹の野良猫がヴィンセントさんの家に入ってきました。家の中でヴィンセントさんと遭遇した野良猫は、すぐにドアから出て行ったそうです。

ヴィンセントさんは「もう猫が来ることはないだろう」と思っていましたが、少し経つと再び野良猫が家の中に入ってきました。しかも今度は、1匹だけではなかったのです!

『タラ』と名づけられた野良猫は、家の中が安全な場所だと思ったようで、子猫を咥えて戻ってきました。

ヴィンセントさんはタラと子猫のために大きな箱と毛布を使って、暖かいベッドを作りました。するとタラは運び込んだ子猫を箱の中に入れて、再び外へと出て行ったのです。

ヴィンセントさんはもう戻ってこないのではないかと心配していましたが、しばらくするとタラは再び子猫を咥えて戻ってきました。ヴィンセントさんはタラが複数の子猫を連れて来たことに驚きを隠せませんでした。

「タラは子猫を1匹ずつ持ち込み、数時間で5匹の子猫を連れてきました」と保護団体『フレンズ・フォー・ライフ・レスキューネットワーク』の共同創始者のジャクリーンさんは言いました。

どうやらタラはこの家が子猫達を守るためにピッタリの場所だと知っていたようです。そんなタラのおかげで、全ての子猫達が安全な場所に来ることができたのです。

ヴィンセントさんは子猫達がくつろいでいる間に、タラにご飯と水を用意しました。

「その後、ヴィンセントさんはFacebookを使って、地元で活動する複数の保護団体にメッセージを送りました。私達のところへも彼からメッセージが届き、猫の親子を引き取ることを申し出ました。」

その後すぐに、保護団体から連絡を受けた養育ボランティアのケイトリンさんとサムさん夫婦が、子猫達を自宅へと連れて帰りました。そして、子猫達にマウイ、モアナ、ネイラーニ、オハナ、キコと名づけて育て始めたのです。

5匹の子猫達は数週間で驚くほど成長しました。タラはとても愛情深いお母さんで、いつも子猫達にたくさんの愛情を注いでいたそうです。

こちらはタラが子猫達をしっかりと毛づくろいしている様子です。

その後、十分に成長した子猫達は、それぞれの里親さんの家へと旅立っていきました。

子育てを終えたタラもすっかり家の中での生活が気に入ったようで、家猫として暮らしていくことを決めたようです。

タラはアゴを撫でられるのが大好きで、ナデナデされるととっても幸せそうな表情を見せてくれます(*´ω`*)

「タラはアゴを撫でてもらうために、いつも愛らしい姿でおねだりをしてきます」とケイトリンさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして犬用のドアから子猫達を運び込んだタラは、全ての子猫を安全に育てることができました。もしかするとタラは最初から、ヴィンセントさんが優しい人で、自分を助けてくれることを知っていたのかもしれませんね♪
出典:FriendsforLifeRescueNetworksleepover_at_oslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう