人生に、もふもふを。

重い病気のため、助かる確率が非常に低かった子猫。強い意志とみんなの愛情で元気を取り戻すと、毎日が幸せいっぱいに

0

ある日、母猫に取り残されていた子猫の『リロ』が4匹の兄弟と共に発見されました。子猫達はみんな生まれた時から足に障がいを抱えていました。

足の悪い子猫出典:tenthlifecats (lovemeow)

保護された子猫達は猫ジステンパー(猫汎白血球減少症ウイルスを原因とする感染症。幼い時期に発症すると死亡率が非常に高い病気)にかかっていました。残念ながらリロ以外の兄弟は病気を乗り越えることができず、次々と命を落としていきました。リロも救急救命室で24時間の高熱が続き、命の危機にさらされていました。

見つめる子猫出典:tenthlifecats

しかし、リロは奇跡的に命をつなぐことができたのです。

何とか峠を越えたリロを養育主さんが抱っこすると、まだ身体が完全ではないにも関わらず、喉をゴロゴロと鳴らし始めたそうです。

座る子猫出典:tenthlifecats

それはまるで苦しい時にいつもそばにいてくれた養育主さんに「ありがとう」と伝えているかのようでした。

可愛いポーズの子猫出典:tenthlifecats

元気を取り戻したリロは好奇心旺盛でお茶目な子猫になりました。また、とても人間好きになったリロは、養育主さんにキスをされると、いつも頭をこすりつけてから幸せそうに目を閉じるそうです。

見上げる子猫出典:tenthlifecats

リロは他の子猫よりも小さく、前足が不自由ですが、いつも元気いっぱいでエネルギーに溢れています。ひとりで何でもできるリロは、楽しそうに家中を走り回り、階段登りも見事にマスターしました。

抱っこされる子猫出典:tenthlifecats

養育主さんはそんなリロの姿に、いつも元気と癒しをもらっているそうです。

リロの愛らしい姿はこちら。

その強い意志で辛い時期を乗り越えたリロは、安全な家の中で自分の人生を最大限に楽しんでいるのです。
出典:tenthlifecatslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう