人生に、もふもふを。

兄弟の半分の大きさで保護された子猫。自分の命を決して諦めず、優しい女性の助けを借りて幸せに満ちた毎日を歩み始める

0

ある日、母親のいない子猫達が発見されて、地元の保護施設『フォスター・ベビー・キャッツ』へと運ばれてきました。子猫達を発見した家族は母親が戻るのを1週間待ちましたが、結局母親が姿を現すことはありませんでした。

施設に運ばれてきた子猫達の中に1匹だけ小さな身体をした子猫がいました。『パイパー』と名づけられたその子猫は、兄弟のサイズの半分ほどの大きさしかありませんでした。

「パイパーは誤嚥性肺炎を患っていたため、すぐに抗生物質での治療を始めました。また足も腫れていることに気づきました」と保護施設のジリアンさんが言いました。

ジリアンさんはパイパーの免疫力を強化して、足を回復させるために、24時間体制でミルクの世話をし、懸命に看護を続けました。

パイパーが生き残る確率は非常に低いものでしたが、ジリアンさんは常にパイパーのそばで過ごし、パイパーは自らの命のために戦い続けました。

パイパーはミルクの時間以外は、ほとんど保育器の中で眠っていたそうです。

ジリアンさんはパイパーや兄弟の世話をするために、何日も眠れない夜を過ごしました。そのおかげで非常に危険な状態だったパイパーは、何とか命をつなぐことができたのです。

ジリアンさんは成長が遅れているパイパーのご飯を少しずつ増やし、たくさんの愛情を注ぎました。パイパーはいつもお腹をいっぱいに満たすと、お腹を撫でてもらうために背中で転がり始めるそうです。

大変な時期を乗り越えたパイパーは、ジリアンさんに世話をしてもらうことに大きな喜びを感じていました。パイパーはジリアンさんにいつもしがみつきながら、すくすくと成長しているそうです。

パイパーは自分の足の使い方を理解すると、兄弟と遊んだり、プロレスごっこをするようになりました。「パイパーはまだ兄弟よりも随分と小さいですが、彼はいつも元気に兄弟と遊んでいます。」

「パイパーはとても甘えん坊で、愛らしい姿でしがみついてきます。彼は間違いなく人間好きの子猫です。」

パイパーは現在、養育部屋の探索をしながら、色々なところで可愛いイタズラをしているそうです。

こうして非常に衰弱していたパイパーは、優しい人達のおかげで健康的でふっくらとした子猫へと生まれ変わることができました。パイパーの身体はまだ少し小さいかもしれませんが、いつも幸せいっぱいで、毎日の生活にとても満足しているのです。

これからもパイパーはジリアンさんからたくさんの愛情を受け取りながら、元気いっぱいの日々を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:fosterbabycatslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう