人生に、もふもふを。

嵐の中、レストランの近くで叫んでいた子猫。優しいシェフに保護され元気を取り戻すと、みんなに愛される看板猫に♪

0

台風の嵐が街を襲った日のこと、レストランでシェフをしているダニエルさんが、子猫の叫び声を聞きました。ダニエルさんは嵐の中に飛び出して子猫を探し続けましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

それから2日後のこと。ダニエルさんはレストランの近くで同じ鳴き声を聞きました。再び声を頼りに探していると、今度は子猫の姿を発見することができたのです!

台風子猫出典:Daniel Young (lovemeow)

ダニエルさんは保護した子猫に『グノッチ』と名づけました。グノッチがレストランの中に運ばれてくると、レストランのスタッフ達も世話を手伝ってくれたそうです。

鳴く子猫出典:Daniel Young

そんな優しい人達のおかげで、グノッチは丸一日で元気を取り戻すことができました。グノッチはダニエルさん達の膝の上で丸くなりながら、嬉しそうに喉を鳴らすようになったそうです。

寂しそうな子猫出典:Daniel Young

こちらはまだおぼつかない足取りでヨタヨタ歩くグノッチの姿です♪

ヨチヨチ子猫出典:Daniel Young

すっかり好奇心旺盛になったグノッチを誰も止めることはできません♪

見つめる子猫出典:Daniel Young

グノッチが成長したら里親さんを探そうと考えていたダニエルさんですが、グノッチはその愛らしい姿で、みんなの心を鷲掴みにしていきました。そしてグノッチは自然とレストランで暮らすことになっていたのです♪

覗く子猫出典:Daniel Young

その後、すっかりレストランの支配人になったグノッチは、お客さんにも大人気だそうです(*´ω`*)

見てくる子猫出典:Daniel Young

こうして嵐の中、独りぼっちで鳴いていた野良の子猫は、雨風を防げる暖かい家を見つけることができました。レストランの看板猫になったグノッチは、今日も多くのお客さんを温かく迎えているそうです♪
出典:Daniel Young/lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう