人生に、もふもふを。

子猫達を抱きしめたくて、何ヶ月間も待っていた老猫。優しい人達のおかげで夢が実現すると幸せいっぱいに!

0

ある日、カナダのブリティッシュ・コロンビア州ラングレーにある保護施設「TinyKittens」に『メイソン』という名前の老猫がやって来ました。メイソンは重度の腎臓病で衰弱していましたが、生きるために必死に戦い続けていました。そんなメイソンの姿を見た施設のスタッフ達は、必ずメイソンを救うことを誓ったのです。

施設に来たばかりのメイソンは人間を非常に恐れていて、誰も近くに寄せつけようとしませんでした。しかし、スタッフ達が数匹の保護子猫を連れて来た時、メイソンの全てが変わったのです。

メイソンの威嚇音は喉のゴロゴロ音に変わり、幸せそうに子猫達に寄り添い始めました。

メイソンの心は恐怖から純粋な喜びへと変わりました。スタッフ達はメイソンと子猫達が触れ合う姿に驚き、メイソンのそばに子猫達を置いておくことに決めたそうです。

「メイソンにとって、子猫達が近くにいる時間が一番幸せな時間です。彼は子猫達の子守りをしたり、毛づくろいをしたり、生き方を教えるのが大好きです」とスタッフは言いました。

その日以来、メイソンは多くの子猫達を受け入れて、愛情いっぱいに育ててきました。

しかし、メイソンが育てた子猫達は、徐々に里親さんの家へと旅立っていきました。それは家のない子猫達にとっては素晴らしいことでしたが、メイソンにとっては寂しいことでした。

そして最後の子猫達が引き取られていった後、メイソンはひとりだけ取り残されてしまいました。メイソンはそれ以来、ソファーの上でひとりで過ごすようになったそうです。

スタッフ達はそんなメイソンのために、SNSなどで保護子猫の情報を募りました。そしてそれから数ヶ月後、ついにメイソンの夢が実現したのです。

ある日、スタッフ達は野良猫のコロニーから3匹の妊娠した猫を救出しました。そして、産まれてきた子猫達が十分に成長した時、メイソンに紹介したのです。

『ナキア』いう名前の子猫は、メイソンに出会うとすぐに駆け寄っていきました。「ナキアはメイソンのミルクを飲もうとして、メイソンのところに真っ直ぐに向かっていきました。そして、ナキアがメイソンの顔にキスをすると、メイソンは一瞬のうちに幸せに包まれました。」

「メイソンは子猫達のお母さんが休んでいる間、優しく子猫達の面倒を見ています。その時のメイソンはいつも嬉しそうに喉を鳴らし続けています。」

子猫達はみんなメイソンおじいちゃんのことが大好きで、自然とメイソンの方へと集まって来るそうです♪

そしてメイソンのお気に入りのソファーの上は、昔のように愛らしい子猫達でいっぱいになりました。メイソンは子猫達と一緒にいられることが幸せで、いつも楽しそうな姿を見せてくれているそうです♪

「子猫達はみんなおじいちゃんのことを愛しています。そしてメイソンも全ての子猫達のことを愛しています」とスタッフは嬉しそうに話してくれました。

こうして数ヶ月間、子猫達を待ち続けたメイソンは、再び子猫達の世話ができるようになりました。きっとメイソンに優しく育てられた子猫達は、メイソンと同じくらい愛情いっぱいの猫に成長していくことでしょう(*´ω`*)
出典:MasonAndKittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう