人生に、もふもふを。

厳しい寒さの中、ブランケットに包まれた状態で凍りついていた子猫。保護から2日後に死の淵から蘇る! (6枚)

0

1月2日の月曜日の夜、ユタ州にある動物保護施設に1匹の子猫が運ばれてきました。

見上げる猫

子猫はある家の窓の外で、ブランケットに包まれた状態で発見されたそうです。

凍りついて動かなくなっていた子猫は、かろうじて生きている状態でした。すぐに動物病院へと運ばれた子猫は、体温を正常に戻すために、温かい飲み物で水分を補給され、暖かい毛布で全身を包んでもらいました。

生後約8〜10週の子猫は非常に痩せていて、耳の先が凍傷になりかけていました。獣医さんのところで治療を終えた子猫でしたが、衰弱が激しかったため、その日を乗り越えられるかは分からなかったそうです。

施設のスタッフは一日中、子猫の世話を続けました。そして保護から2日目の朝、峠を越えた子猫がついに鳴き声をあげたのです!

ケージの中の猫

子猫がとても話すのが好きで、まるで歌っているかのようでした。そのためスタッフは、子猫に『エルサ』と名づけたそうです。

抱きしめる猫

少し元気を取り戻したエルサは、施設を出て養育主のステファニーさんの家に行きました。家に着いたエルサは、お腹が空いていたようで、早速ウェットフードを食べ始めたそうです。

ご飯猫

エルサは現在、ステファニーさんの看病のおかげで、日に日に元気を取り戻しています。

ふみふみ猫

また、すっかり甘えん坊になったエルサは、ステファニーさんに頭を撫でられると、幸せそうにフミフミを始めるそうです♪

モミモミ猫

こうして冬の寒さに凍りついたエルサは、暖かい家の中で順調に回復しています。エルサはもう寒さに震えることはありません。これからは優しい里親さんにたっぷりと甘えて、幸せな毎日を送っていくことでしょう。

出典:utahhumane.org

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう