人生に、もふもふを。

子猫達を助けてくれた人達に喜びの気持ちを伝える母猫。子猫達が順調に成長していく姿を見ながら大きな幸せに包まれる

0

新年を迎える3週間ほど前のこと、助けを必要としている妊娠中の猫が保護施設に運ばれてきました。その後、猫の話を聞いた別の保護施設『ベスト・フレンズ・フィーラインズ』のスタッフ達が猫を引き取って、養育主さんの家へと連れて行きました。

「私達はみんな、猫が出産するまでの期間は2週間ほどだろうと思っていました。でも養育主さんの家に着いた次の日に子猫が産まれて驚きました」と保護施設のスタッフが言いました。

産まれた子猫達は胃腸炎の治療が必要で、母親になった『タルーラ』は予想以上の助けを必要としていました。タルーラは子猫達を出産した数日後に急激に体調が悪化し、子育てができなくなってしまったのです。

「タルーラは必要な量のご飯を食べられなくなってしまいました。また子猫達の世話ができなくなったため、私達は彼女を動物病院へと連れて行きました。」

タルーラは重度の感染症のため入院しなければならず、手術をする必要がありました。タルーラが動物病院に滞在している間、養育主さんは24時間体制で子猫達の世話を続けました。

その後、別の養育ボランティアのエルケさんが子猫達の世話を引き継ぎ、昼夜問わず2〜3時間おきにミルクを飲ませました。エルケさんは何日も眠れない夜を過ごしながら全ての子猫達のお腹を満たし、快適に眠れているかを何度も確認しました。

その後、無事に手術を終えたタルーラは、子猫達との再会を果たしました。「タルーラは非常に痩せていて、子猫達の世話が続けられるか分かりませんでした。一方の子猫達は母親の存在を必要としていました。」

エルケさん達はタルーラの望むようにすることを決めて、タルーラが子育てを続けても続けなくても、タルーラのことを全力でサポートしていくことを決めていました。「タルーラは再び子猫達に会えたことを喜んでいましたが、ミルクを出すことができなくなっていました。」

そんな状況にもかかわらずタルーラは子猫達の世話を始め、たくさんのハグとキスで子猫達に愛情を伝えました。タルーラは子猫達を何度も強く抱きしめて、一日に何度も全ての子猫達をしっかりと毛づくろいしました。

エルケさんはタルーラと緊密に連携しながら養育を続けました。毎回エルケさんが子猫達にミルクを与えると、食後の毛づくろいをタルーラが引き継ぎました。

それから数日後、元気を取り戻したタルーラは再びミルクを出すことができるようになりました。そしてタルーラが子猫達のお腹をミルクでいっぱいに満たした時、エルケさん達は大きな喜びに包まれました。

「それ以来タルーラはとても上手くやっています。彼女は幸せで、自分の人生を愛していて、夢中でご飯を食べています。また彼女の大切な子猫達は確実に体重を増やしていて、いつも元気いっぱいに動き回っています。」

すっかり食欲を取り戻したタルーラは、毎回たくさんのご飯でお腹を膨らませています。そして健康的な身体になったタルーラは、ヨチヨチと歩き始めた子猫達の姿をいつも温かい眼差しで見守っているそうです。

タルーラは毎日たくさんの愛情を子猫達に注ぎ続けています。タルーラは子猫達の全ての要求に応えていて、子猫達が最高の人生を送れるようにサポートしてくれている人達に心から感謝しているのです。

ほんの数週間前まではタルーラの運命は不確かなものでした。でも今は安全な家の中で子猫達と一緒に過ごしながら、幸せいっぱいの毎日を送っているのです(*´ω`*)
出典:BestFriendsFelineslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう