人生に、もふもふを。

姉妹と共に保護されたダルメシアン柄の子猫。お互いに励まし合いながら一緒に重い病気を克服し、幸せな毎日を手に入れる

0

ある日、子猫の姉妹の『パンプキン(三毛猫)』と『スパイス(ダルメシアン柄の猫)』が、地元の保護施設に運ばれてきました。子猫達は上気道感染症を患っていて、目が非常に荒れていました。

パンプキンはとても衰弱していて、いつもスパイスに寄り添っていました。子猫達は無気力になっていて、養育主さんによる24時間体制の世話が必要でした。

別の保護施設『ミニ・キャット・タウン』の創設者のトーア・ブイさんは、子猫達の窮状を知るとすぐに子猫達を引き取ることを申し出ました。

「ふたりは非常に深刻な眼感染症を患っていて、とても危険な状態でした」とトーアさんが言いました。

トーアさんと彼女のチームは子猫達の目を救うために、何でもする決心をしていました。「パンプキンは特に予断を許さない状況で、最初の数日間は非常に具合の悪い状態が続きました。私達は彼女の状態が少しでも良い方向に向かうように治療を続けました。」

数日の集中治療の後、パンプキンは徐々に元気を取り戻していき、少しずつ動けるようになっていきました。パンプキンが治療を続けている間、スパイスは常にパンプキンのそばに寄り添いながら応援していました。

そんなスパイスも非常に不安定な状態が続きましたが、パンプキンの存在がとても力になりました。そのおかげでスパイスは養育主さんの家で数日過ごすと、随分と元気を取り戻すことができました。そしてスパイスの目の曇りは解消されて、日に日に活発になっていったのです。

そんなスパイスの変化はパンプキンの気持ちに大きな影響を与えました。パンプキンはスパイスの回復に自分もついていきたいと強く思うようになり、次第に目の腫れが引いていき、体重が増え始め、全身の毛に艶を取り戻していきました。

「約1週間後、ふたりはまだ目の治療を続けていましたが、随分と気分が良くなっていました。ふたりは自分でご飯が食べられるようになり、少しずつ遊ぶようになりました。私はその姿を見て、ふたりはもう大丈夫だと感じました。」

子猫達は徐々に全身にエネルギーが満ち溢れていき、施設に来た時とは全く違う姿になりました。子猫達の目の治療はとても大変でしたが、ふたりは懸命に前進し続けたのです。

その後、パンプキンの右目は完治しましたが、左目はまだ濁ったままでした。

「私達がパンプキンの左目は失明するかもしれないと思ったちょうどその時、彼女の左目の曇りが取れ始めました。そしてそれから一晩で全ての曇りが消えました。」

子猫達は回復している間中ずっと、常に一緒に過ごしていました。子猫達は全ての時間を共有して、お互いのそばを離れることはほとんどありませんでした。

先に回復していたスパイスはすっかり好奇心の塊になっていて、パンプキンを遊びに誘って、溢れ出すエネルギーをパンプキンに注ぎ続けました。そんなスパイスのおかげでパンプキンも徐々に遊ぶ時間が長くなり、スパイスの後に続いて部屋の至るところを探索するようになりました。

「ふたりは多くのことを一緒に経験したことでさらに絆を深め、完全に無くてはならない存在になりました。ふたりは現在、里子に出る準備を整えている最中で、生涯の家で暮らし始めるのが待ちきれないようです。スパイスはとても社交的で遊ぶことが大好きで、パンプキンはまだ少し恥ずかしがり屋な部分が残っています」とトーアさんが話してくれました。

こうして数週間の治療で子猫達は完全に視力を取り戻し、非常に健康的な状態になりました。現在、パンプキンはスパイスの行動を常に観察しながら、より社交的に、より活発になっている最中だそうです。

きっと愛らしい子猫達の前には素敵な里親さんが現れて、いつまでも幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:MiniCatTownlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう