人生に、もふもふを。

豪雨の翌日、ずぶ濡れの状態で見つかった生後1日の子猫。衰弱しきった子猫が元気を取り戻していく姿に心が温まる

0

豪雨の翌日、ニュージーランドのオークランドに住むキャサリンさんが、路上で微かに動く小さな生き物の姿を発見しました。最初はネズミだと思ったキャサリンさんでしたが、近づいてみるとそれがまだヘソの緒がついたままの状態の幼い子猫だと分かったのです。

子猫は鳴くことができないようでしたが、母親を見つけるために必死に路上を這って歩こうとしていました。

キャサリンさんはすぐに子猫を家に連れて帰ってミルクを飲ませ、24時間体制の看護を続けました。そして保護から3日目を迎えると、ついに子猫は喉を鳴らし始めたのです。

キャサリンさんは子猫に『ブルース』と名づけ、昼夜問わず世話を続けました。ブルースがお腹を空かせて鳴くたびにミルクを飲ませる必要があったため、キャサリンさんはしばらくの間ほとんど眠らない日々を過ごしました。

そんなキャサリンさんの必死の看護のおかげで、保護から12日目になると、未熟児だったブルースの体重が100gを越えました。

そして、ついにブルースの目が開いたのです!

その後、キャサリンさんはブルースに離乳食の食べ方を教えました。

ブルースは成長するにつれて、ひとりで出来ることが確実に増えていきました。キャサリンさんはブルースの日々の成長が見られることに、心から幸せを感じていました。

ブルースは身体の成長と共に喉のゴロゴロ音も力強くなっていきました。

そしてブルースは生後9週目を迎えました。この頃のブルースはすっかりヤンチャになっていて、家の中でたくさんのイタズラをするようになったそうです♪

そんなブルースの可愛い姿はこちら。

さらにヌイグルミのお友達もできて、とっても幸せな日々を送っているそうです♪

こうして豪雨の翌日に保護されたブルースは、キャサリンさんの献身的な看護のおかげで大きく成長することができました。これからもブルースはキャサリンさんの愛情を全身で受け取りながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:brucethecatnzlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう