人生に、もふもふを。

ねじれた足を引きずりながら彷徨っていた子猫。手を差し伸べてくれた人のおかげで、安全な家の中で幸せな毎日が始まる

0

約1週間前、保護施設『ストレイ・キャット・レスキュー』の元に、助けが必要な子猫についての連絡が入りました。子猫は後ろ足がねじれていて、人間の助けを必要としていました。

「私達はこれまでに多くの障がいのある猫達を世話してきました。私達が『レミー』と名づけた子猫の連絡を受けた時も、私達の中に断るという選択肢はありませんでした」と保護施設の創設者のカムリン・ラウファーさんが言いました。

その後、施設にやって来たレミーはとても怖がっていて、非常に身体が汚れていました。カムリンさんはレミーをタオルでそっと包み込んで、レミーの気持ちを落ち着かせました。そのおかげでレミーはすぐにここが安全な場所だと感じ、ゴロゴロと喉を鳴らし始めたのです。

レミーは自分がひとりではないことを知って、自然と人間に愛情を示すようになりました。また、たくさんかまってもらいたくて、何度もアピールしてくるようになったのです。

「私はレミーにご飯を食べさせて水を飲ませた後、彼用の新しいキャットハウスを紹介しました。」

レミーは自分の家にすぐに満足して、さっそく快適なベッドの中で昼寝を始めました。「私はそれから数時間レミーを眠らせた後、彼と一緒の時間を過ごし始めました。」

レミーはカムリンさんのおかげでお喋りな子猫に変身して、何か言いたいことがある時は躊躇することなく話しかけてくるようになりました。またレミーはカムリンさんに寄り添いながらリラックスするようになり、カムリンさんと一緒に布団に入って幸せそうに眠るようになったのです。

レミーは生まれた時から障がいがあり、前後の足が変形していました。レミーの後ろ足はねじれていて、前足は骨形成不全症で外側に開いていました。でもレミーは自分が他の猫と違っているとは思っておらず、常に好奇心いっぱいに遊んでいて、様々なイタズラを仕掛けているのです。

そしてレミーが遊び疲れると、毎回カムリンさんのところに戻ってきて膝の上で眠り始めます。

「レミーは最初から生きたいという強い意志を持っていました。まだ彼と出会ってからほんの数日しか経っていませんが、彼は日に日に自分の殻から出てきて、大きな変化を遂げました。」

家の中で自信を持って行動するようになったレミーは、愛らしい個性が現れ始めました。レニーは好奇心の赴くままに冒険に出かけ、部屋の中を夢中で動き回るようになったのです。

「レミーは驚くほどの機動性を持っていて、いつも私が目を離した隙に予想外の場所まで移動しています」とカムリンさんが話してくれました。

レミーは後ろ足を使うことができませんが、前足を器用に使って様々な場所に冒険に出かけています。レミーは障がいを抱えていますが、決してそれが彼の行動を止めることはないのです。

レミーはカムリンさんのベッドの上で散歩を楽しみ、iPadで猫の動画を見たり、全身を撫でられたりしながら、幸せな毎日を送っているのです。

こうしてレミーはカムリンさんのおかげで自分の殻を破り、新しい生活を始めることができました。レミーはカムリンさんがいつもそばにいてくれることに大きな幸せを感じていて、毎日を全力で過ごしながら、幸せな未来に向かって歩み続けているのです。
出典:straycatnetworklovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう