人生に、もふもふを。

生きるためにゴミ箱を漁っていた子猫。保護先の安全な家でたくさんの愛情に触れて、幸せな子猫へと生まれ変わる

0

ある日、迷子になっていた独りぼっちの子猫が保護されて、診療時間外の動物病院に運ばれてきました。「子猫は工業地区でゴミ箱を漁っていたところを発見されました」と保護施設『ザ・マッド・キャッターズ・フィーライン・レスキュー』のタラさんが言いました。

その後、子猫は無事に動物病院で治療を受けることができ、タラさんのいる保護施設へとやって来ました。保護施設のスタッフ達はどうして子猫が独りぼっちになったのかは分かりませんが、子猫のこれからの人生が愛情に満ちたものになることを確信していました。

タラさんは4週齢の子猫を自宅に連れて帰ると、24時間体制の世話を始めました。

『フリック』と名づけられた子猫の顔は、ちょうど真ん中で左右に模様が分かれていました。

フリックはとても積極的な性格で、タラさんが部屋に入るとすぐにベッドから飛び起きて、愛情とハグを求めて大きな声で鳴きながら真っ直ぐに向かってきました。

しかし数日後、フリックは感染症を患ってしまいました。フリックは治療期間中もタラさんの愛情を求めて、世話をしてくれるまでずっと鳴き続けていたそうです。

「ほとんどの子猫は病気の時は静かになる傾向がありますが、フリックは相変わらず積極的で、いつも私の気を引こうとしてきました。」

適切なケアと美味しいご飯、そしてたくさんの愛情でフリックは病気から回復することができました。さらにフリックに体力が戻ってくると、夢中になって飛び跳ねたり、部屋中を探索するようになりました。

「フリックはとても自立していて、本来の年齢よりもずっと年上のように行動しています。彼女は最初から必要なことを独学で学び、この家にいる他の保護猫達とも素敵な関係を築きました。」

フリックは好奇心旺盛なイタズラ好きの子猫で、常に次のイタズラを考えています。また家族がソファーに座った瞬間に膝の上で飛び乗って、家族と一緒の時間を楽しみ始めるそうです。フリックは常にみんなの中心にいたくて、チャンスが訪れるたびに愛らしい姿で猛アピールしてくるのです。

フリックは幼くして母親や兄弟と離ればなれになってしまいましたが、タラさん達の力を借りて、勇敢で自信に満ちた子猫へと成長しました。フリックは他の動物達と遊ぶのも大好きで、身体の大きな犬にも躊躇することなく飛びついていくそうです。

「フリックは独りぼっちで保護されたため、人間や動物達との境界線を学ぶことができませんでした。でも私の愛犬や他の保護猫達と友達になり、毎日を一緒に過ごすことで、様々なことを学んでいきました」とタラさんが話してくれました。

フリックは現在、タラさんとの生活を楽しんでいる最中ですが、もう少しで里子に出る準備を整え終わるそうです。

こうして生きるためにゴミ箱を漁っていたフリックは、安全な家の中で幸せな生活を手に入れることができました。フリックはいつもその愛らしい姿でタラさん達におねだりしながら、元気いっぱいの毎日を送っているのです(*´ω`*)
出典:catmum_perthlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう