人生に、もふもふを。

置き去りにされた後、食べ物と避難場所を探して彷徨っていた猫。優しい人達のおかげで、お腹の中の子猫達の命も救われる

0

ある日、オーストラリアのブリスベン近郊で、食べ物と非難場所を探して彷徨い歩いている猫の『テイルズ』が発見されました。テイルズは以前の飼い主が引っ越す際に置き去りにされた猫で、それ以来ひとりの力で生きてきました。

テイルズは野外の厳しい環境の中で命をつないできました。そんな中、路上を彷徨い歩くテイルズの姿を発見した人達が、テイルズがこれ以上野外を彷徨い歩くことがないように、地元の保護施設『ベスト・フレンズ・フィーラインズ』に連絡をして、テイルズを施設へと連れて行ったのです。

テイルズを受け取った保護施設のスタッフ達は、テイルズのお腹が大きくなっていることに気づきました。その後、テイルズを獣医さんに診てもらうと、テイルズが妊娠していて、2週間以内に出産することが分かりました。テイルズを路上から保護した人達は、テイルズが安全な場所で過ごせるようになっただけでなく、テイルズの子供達も野外で過ごす必要がなくなったことにとても安心しました。

テイルズはまるで自分が望んでいた場所に来られたことを知っているかのように、保護先で幸せそうに喉を鳴らし始めました。

「テイルズは経験豊富な養育ボランティアさんの家で過ごすことになりました。テイルズは新しい環境にすぐに落ち着いて、安全で快適な室内生活を楽しみ始めました」と保護施設のスタッフが言いました。

「テイルズの名前は彼女のゴージャスでフワフワのシッポから名づけられました。彼女はとっても美しく、甘い猫です。」

テイルズは広々とした快適な部屋で自由に過ごせることにとても満足していました。テイルズはまるで今まで食べられなかった分を取り戻すかのように、たくさんのご飯でお腹を膨らませて、フワフワのベッドの中で心地良さそうに眠り始めました。

最初の日の夜、テイルズは自分とお腹の子猫達が安全だと感じながら、幸せそうに眠り続けました。

それから数日の間に、テイルズはさらに幸せで愛情深い猫になりました。テイルズは窓辺にお気に入りの場所を見つけたようで、いつも太陽の光を浴びながら昼寝を楽しんでいるそうです。

「テイルズは撫でられるのが大好きで、いつも暖かい朝の光を浴びながらゴロゴロと喉を鳴らしています。彼女のお腹は日に日に大きくなっていて、快適な姿勢になるのが難しくなってきたようです。」

テイルズは大切な日を迎えるために、ベッドやブランケットをこねたりしながら、出産のために完璧な環境を作りました。そして昨日、テイルズはついに健康的な子猫達を出産したのです。

「養育主さんは午前3時にテイルズの様子を確認しに行きましたが、その時は何も変わったところはありませんでした。でも養育主さんが午前7時に様子を見に行くと、テイルズの隣には3匹の子猫の姿がありました!」

テイルズは子猫達に寄り添いながら、しっかりと世話をしていました。「テイルズは現在、子猫達の全ての要求に応えていて、たくさんの愛情を注ぎ続けています。」

テイルズはいつも喉のゴロゴロ音で部屋中を満たしながら、幸せそうに子猫達にミルクを飲ませているそうです。

テイルズは養育主さんの助けも借りながら子育てを続けています。そのおかげで子猫達は常にお腹と心を満足させながら、幸せな時間を過ごしているそうです。

こうして路上から助け出されたテイルズは、安全な家の中で全ての力を子育てに注ぐことができました。これからもテイルズは子猫達の世話を続けながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ェ`*)
出典:BestFriendsFelineslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう