人生に、もふもふを。

「近くにいると安心するの」赤ちゃんから片時も離れなくなった保護子猫。いつも一緒がいいようで、可愛い行動に出た♡

0

ある日、保護子猫の『リリー』が里親さんの家に引き取られました。迎えられた家には幼い赤ちゃんがいたのですが、リリーは赤ちゃんのことがとても気に入ったようで、いつも一緒にいるようになりました。

リリーは赤ちゃんと一緒にいるととても落ち着くようで、寝ている時も食べている時も遊んでいる時もそばを離れようとしません。そのため少しでも赤ちゃんの姿が見えなくなると、途端に寂しそうな顔になって鳴き始めるのです。

もちろんお風呂に入る時も一緒です。

イタズラする時もやっぱり一緒♪

赤ちゃんの方もリリーのことが大好きで、時々オモチャであやしてあげることも♪

赤ちゃんが昼寝を始めると、リリーはいつも寄り添いながら見守ります。

そして、一緒に夢の世界へと旅立っていくのです♪

その後も優しい家族の元ですくすくと成長を続けたリリーは、こんなに大きくなりました。

子猫の成長はとても早いため、いつの間にかリリーが赤ちゃんのお姉さんになったのです♪

もちろんリリーが大きくなってもふたりの関係は変わりません。赤ちゃんのいるところには必ずリリーもいて、いつも幸せそうに寄り添っているのです。これから赤ちゃんの身体はどんどん大きくなっていきますが、ふたりの関係はいつまでも続いていくことでしょう♪

幸せそうなふたりの姿に心がポカポカしてきますね(*´ω`*)
出典:MsSandwichmakerlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう