人生に、もふもふを。

小屋の後ろで助けを求めて鳴いていた子猫。安全な家の中に入れてもらうと、幸せいっぱいの出会いが待っていた!

0

ある日、独りぼっちの迷子の子猫が小屋の後ろにいるところを発見されました。子猫は母親とはぐれてしまったようで、助けを求めて大きな声で鳴いていました。

子猫はまだ幼く、母親の愛情が必要でした。子猫を見つけた夫婦は、子猫を保護して自宅に連れて帰ると、一睡もせずに世話を続けました。

そして翌朝を迎えると、子猫はまるで新しい両親を見つけたかのように、夫婦にピッタリとくっつくようになったのです。

子猫はご飯を食べさせてもらい、全身を綺麗にしてもらうと、とっても安心したようで膝の上で眠り始めました。その愛らしい姿に徹夜明けの夫婦の心は幸せに満たされたそうです。

夫婦は小さくてコロッとしている子猫に『ビーン』と名づけました。すっかり夫婦に懐いたビーンは、こんなに可愛い寝姿を見せてくれることもありました♪

元々この家に住んでいた先住猫の『ミッシー』も、ビーンにとても優しく接してくれました。そのためビーンは保護されてすぐに、ミッシーのことが大好きになりました。

それ以来、ビーンはいつもミッシーの後をついて回るようになりました。その姿はまるでミッシーの影のようです♪

こうして独りぼっちで鳴いていたビーンは、新しい家で素敵な家族と出会うことができました。優しい夫婦やミッシーのおかげで、ビーンの心の中はいつもたくさんの幸せで満たされているのです。これからもビーンは家族みんなに見守られながら、いつまでも幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:shmiksilovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう