人生に、もふもふを。

誰にも望まれなかった19歳の老猫。優しい夫婦が手を差し伸べてくれたのが嬉しくて、幸せそうに喉を鳴らし続ける

0

ある日、保護施設『キティー・アドベンチャー・レスキュー・リーグ』のカリンさんが、窮地に陥っている19歳の老猫の話を聞きました。老猫は以前の家族が飼えなくなったため、保健所で先の見えない生活を送っていたのです。

カリンさんと夫はすぐに保健所から老猫を引き取って、自分達の保護施設へと連れて来ました。老猫は新しい環境に少し戸惑いましたが、すぐに落ち着きを取り戻して、大きな音で喉を鳴らし始めました。

夫婦は老猫に『アークメイジ』と名づけました。

夫婦は障がいのある猫や年老いた猫、里親さんが見つかる可能性の低い猫がいると、すぐに引き取りに行って、施設で世話を始めるそうです。

「アークメイジは家に来てすぐに、ここが自分の家だと感じたようです。最初は少し臆病でしたが、ご飯を用意すると物陰から姿を現し、美味しそうに食べ始めました」とカリンさんが言いました。

「アークメイジの黒目はいつも大きくなっています。もしかすると彼は若い頃に栄養不足だったのかもしれません。現在は獣医さんにしっかりと検査してもらいながら、家の中で楽しそうに過ごしています。」

アークエイジはちょっとワガママな性格のようで、食事の時間には特定のものしか食べないそうです。

また、アークメイジは普段からほとんど鳴くことはありませんが、夫婦が忙しくてかまってもらえない時は、注意を引くために不器用に鳴いてくるそうです。

そんなアークメイジですが、喉を鳴らす時はとても大きな音を出します。夫婦に抱っこされたり、心地良いベッドで横になると、いつも幸せそうに喉を鳴らし始めるそうです。

アークメイジの暮らす家には、高齢の猫や障がいのある猫がたくさん住んでいます。こちらは友達のブリチーズと一緒のアークメイジの姿です。ブリチーズもアークメイジと同い年だそうです。

同居猫達と一緒に楽しい時間を過ごす高齢のアークメイジですが、好奇心が旺盛で心の中は子猫のままだそうです♪

こうして誰にも引き取られなかったアークメイジは、優しい夫婦の元で何不自由ない生活を送り始めました。新しい家ではたくさんの友達もできて、幸せな毎日を送っています。きっとアークメイジは最期を迎える時まで、喉をゴロゴロと鳴らしながら、温かくて穏やかな日々を過ごしていくことでしょう。
出典:KittyAdventureRescuelovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう