人生に、もふもふを。

激しい嵐の中から助け出された子猫。温かい暮らしの中で再び全身に毛を取り戻し、幸せいっぱいの毎日を送る

0

ある日、保護施設『ベスト・フレンズ・フィーラインズ』に、緊急の助けを必要としている子猫達についての連絡が入りました。

「子猫達は生後1週間も経っておらず、激しい嵐で洪水に見舞われた地域で発見されました」と保護施設のニッキさんが言いました。

子猫達の元に母親が戻ってくる気配はなく、子猫達はみんな寒さに震えながら空腹に耐えていました。保護施設のスタッフ達は子猫達の窮状を知るとすぐに行動を起こしました。

「子猫達は一番近い養育主さんの家から車で1時間以上も離れた場所で発見されました。私達はチームを組んで悪天候の中を子猫達の元へと急ぎました。」

嵐の中から助け出された子猫出典:BestFriendsFelines

その後、厳しい状況の中から助け出された子猫達は、安全な養育主さんの家で落ち着きました。子猫達は栄養のある食べ物を食べて、凍える身体を温めてもらいました。

こうして優しい人達のおかげで大変な時期を乗り越えた子猫達は、もう食べ物や避難場所の心配をする必要が無くなったのです。

それから約2週間後、養育ボランティアのケイトさんは、『コヨーテ』と名づけられた子猫の毛が抜け始めていることに気づきました。コヨーテの全身の毛は日に日に薄くなり、背中やお腹、そして頭の皮膚が見えるようになっていきました。

「コヨーテは母親から十分なミルクをもらえなかったため、栄養が足りずに毛が抜け落ちてしまったようです。」

子猫達の中で唯一毛の抜け落ちたコヨーテでしたが、幸いなことにそれ以外の問題はありませんでした。コヨーテはいつも元気に動き回っていて、兄弟と一緒にレスリングや追いかけっこをしながら過ごしているそうです。

またコヨーテは兄弟の中で一番小さな身体をしていましたが、それがコヨーテの行動を止めることはありませんでした。コヨーテはいつも活発で、常にエネルギーの塊なのです。

「コヨーテは非常に大胆でイタズラ好きです。彼や兄弟は幼い頃から人間の手で育てられてきたため、人間のことを完全に信頼しています。」

「コヨーテは兄弟と一緒に部屋の中を探索したり、飛び跳ねたりするのが好きです。きっと彼は自分の身体の大きさを、他の兄弟と同じだと思っていることでしょう。」

生後約5週を迎えると、コヨーテの毛が元に戻り始めました。「コヨーテの毛は再び身体を覆い始め、徐々に外見が子猫のように見えるようになっていきました。」

そして、コヨーテはすぐに本来の姿を取り戻し、何不自由ない生活を送り始めたのです。「コヨーテは本当に人間のことが好きで、いつも誰かの膝の上で幸せそうに過ごしています。」

その後もケイトさんにたくさんの愛情を注がれたコヨーテは、ついに里子に出られるほどに成長しました。

「施設のサイトにコヨーテのプロフィールが掲載されると、すぐに新しい家が見つかりました。彼は獣医さんに健康状態を確認してもらった後、生涯の家族の元へと旅立って行きました。また彼の兄弟もみんな無事に、新しい家族に出会うことができました」とニッキさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして嵐の中から保護されたコヨーテと兄弟は、安全な家の中で新しい人生をスタートさせることができました。子猫達はすっかり室内生活を楽しんでいて、生涯の家族と共に幸せいっぱいの毎日を過ごしているのです。
出典:BestFriendsFelineslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう