人生に、もふもふを。

-39度の厳しい寒さの中、列車のエンジンの下で凍りついていた猫。車掌さんの愛情深い行動で死の淵から蘇る!

0

ある日、カナダのアルタが-39度の厳しい寒さに襲われました。

その日の朝、車掌のブラッド・スレターさんがウェインライト駅のホームを歩いていると、どこからか猫の声が聞こえてきました。気になったブラッドさんが声のする方に向かうと、列車の第2エンジンの下の隙間に猫の姿を発見したのです!

猫は1,000km以上もの距離を運ばれてきた可能性があり、身体が雪と氷で覆われていました。ブラッドさんが慎重に猫を抱きかかえると、猫の凍った手が僅かに動きました。

ブラッドさんは猫の身体を防寒コートで包むと、暖かい列車の中に連れて行きました。

あまり人間に慣れていなかった猫は、ブラッドさんに緊張したようで両目がずっと見開かれたままでした。猫はブラッドさんを威嚇しようとしましたが、声を出せないほど身体が凍えていたのです。

しばらくブラッドさんと一緒に身体を温めていた猫は、何とか動けるようになりました。猫はブラッドさんが優しい人だと気づいたようで、コートの中から出てくると、膝の上に乗ってきました。そして、「助けてくれてありがとう」と言っているかのように、ブラッドさんの腕に頭を擦りつけてきたのです。

猫は非常に喉が乾いていてお腹が空いていました。そこでブラッドさんは何かあった時のために用意していたビーフジャーキーを細かく砕くと、水と一緒に食べさせてあげました。

そのおかげで猫は空腹が少し満たされ、ブラッドさんの上で眠り始めたそうです。

その後、ブラッドさんの妻が駅まで迎えにきてくれました。夫婦は猫を自宅に連れて帰ると、温かいお風呂に入れて、たくさんのご飯を食べさせてあげたそうです。

ブラッドさんは列車から名前をとって、猫に『Q199』と名づけました。Q199は温かい夫婦にすっかり安心したようで、その夜は夫婦と同じベッドで眠りについたそうです。

「もしあの時、Q199を見つけていなかったら、彼はきっと次の駅に着く前に命を失っていたでしょう。彼は奇跡の猫です」とブラッドさんが言いました。

その後、ブラッドさんはSNSなどを使ってQ199の飼い主さんを探しましたが、Q199が自分の猫だという人は現れませんでした。そこでブラッドさんはQ199を正式に家族の一員として迎えたのです。

こうして列車の隙間で凍りついていたQ199は、温かい家族と一緒に暮らし始めました。すっかり家族になったブラッドさんとQ199は、いつもお互いに寄り添いながら、幸せな時間を過ごしているそうです♪
出典:brad.slaterlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう