人生に、もふもふを。

厳しい冬の寒さの中、悲しそうな顔で助けを求めてきた猫。優しい人達の温かさに触れて、再び笑顔を取り戻す

0

ある日、6歳の野良猫がカナダのモントリオールの街を彷徨い歩いていました。猫はこれまでに寒い冬を何度も生き抜いてきましたが、病気を患い、誰かの助けを必要としていました。

猫は優しい人達に保護され、地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』へと運ばれてきました。その時の猫は全く元気が無く、全身がボロボロの状態でした。

施設のスタッフ達は『バーニー』と名づけた猫の治療をすぐに始めました。

「バーニーは非常に気分が悪く、鼻水を出していました。彼は鼻が完全に詰まっていたため、ほとんど呼吸をすることができなくなっていました。また彼のお腹には虫がいて、耳にはダニがいました。彼はそんな状態で命をつないできました」とスタッフが言いました。

バーニーの片方の耳は変形していました。また、いくつかの歯が無くなっていて、身体には他の動物との戦いでついた傷跡がたくさんありました。でもバーニーはそんな状態にもかかわらず、看護をしてくれる人達全てに優しく接していたそうです。

「バーニーはとても甘い性格で、いつも私達に愛情たっぷりに寄り添ってきます。」

バーニーは獣医さんから抗生物質を処方されました。またFIV(猫後天性免疫不全症候群)を発症していたため、獣医さん達は注意深く経過を観察しているそうです。

一方のバーニーはどんな治療にも不満を言わず、いつも獣医さんの指示にしっかりと従っているそうです。

「バーニーの身体は大きく、ガッチリとしています。彼は長い間、縄張りのボスだったのかもしれません。」

その後、獣医さんの治療や抗生物質のおかげで、バーニーの身体は徐々に良くなっていきました。

「私達がバーニーのところに行くと、彼はいつも私達の手に頭を押しつけてきます。彼と初めて会った時はとてもひどい状態でしたが、今は安全な場所で確実に回復しています。」

バーニーの回復はFIVのために少し遅くなるかもしれませんが、彼は人間の友達と一緒にいることが大好きで、室内での暮らしにとても満足しているそうです。

保護された時はとても悲しそうな顔をしていたバーニーでしたが、優しい人達の温かさに触れて、再び笑顔を取り戻すことができたのです。

こうして寒さの中で助けを求めてきたバーニーは、無事に暖かい場所を見つけることができました。きっとバーニーはこれからもたくさんの愛情を感じながら、幸せな時間を過ごしていくことでしょう。
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう