人生に、もふもふを。

独りぼっちの迷子の子猫と出会った母猫。温かく子猫を迎え入れて、我が子と一緒にたくさんの愛情を注ぎ始める

0

ある日、『プルート』という名前の子猫が保護施設『ドーセット・レスキュー・キトゥンズ』へと運ばれてきました。プルートは母親に育児放棄された子猫でしたが、生きたいという強い意志を持っていました。

「私達がプルートを受け入れた時、彼が命をつなぐことができるか分かりませんでした。彼は少なくとも24時間は母親のミルクを飲んでいませんでした」と保護施設の創設者のケイリー・シーモアさんが言いました。

「施設に運ばれてきたプルートは、酸素を調節できる保育器の中で過ごし始めました。私達はプルートに食べ物を与える前に、ゆっくりと身体を温めて、水分を補給する必要がありました。」

ケイリーさんはその日の夜にプルートにミルクを飲ませ始め、夜の間中ずっと体調を見守り、看護を続けました。

「プルートが快方へと向かい始めたと感じたのは、保護から約5日後のことでした。彼の体重はようやく増え始め、たくさんのミルクを飲むようになりました。」

その後、随分と元気を取り戻したプルートは、足を動かしながら遊び始めました。プルートは人間に注目されることを楽しむようになり、たくさんのオモチャで遊ぶようになりましたが、いつも何かが欠けていました。それは母親と兄弟の存在でした。

プルートが保護されてから1週間後、野外で保護された6匹の猫の親子が、ケイリーさんの家へとやって来ました。5匹の子猫達はプルートとほぼ同じ年齢で、容姿もよく似ていました。

「私が母猫の『ビブ』と会った時、彼女がプルートを受け入れるかどうかを試すことは、プルートにとってとても意味のあることだと感じました。」

ビブは次第に新しい環境に順応し始め、自分の殻から出てきました。そして人間に撫でられることに幸せを感じるようになり、たくさん甘えてくるようになりました。

その姿を見たケイリーさんは、ビブにプルートを会わせる時が来たことを理解しました。そしてケイリーさんがふたりを会わせてみると、ビブはためらうことなくプルートを受け入れて、すぐに世話を始めたのです。

「ビブはまるでプルートが母親を求めていたことを知っていたかのように、プルートを優しく毛づくろいして、我が子と同じように世話を始めました。その姿を見た私は思わず泣いてしまいました。」

一方のプルートも新しい母親に出会えたことが嬉しくて、ビブの腕の中で溶けました。

「その後、プルートを他の子猫達に会わせてみると、すぐにお互いのことを受け入れて、みんなで一緒に遊び始めました。」

「私達はプルートが母乳を飲めるようになるまでの間、哺乳瓶で足りない分のミルクを補うことにしました。プルートが親子と一緒にいる姿は本当に美しく、私達の心をいつも温めてくれています。」

「幼い子猫にとって、母親や兄弟と一緒に過ごすことが、社会化を学ぶための一番の方法です。プルートは既に他の子猫達と一緒に遊んでいて、ビブとたくさんお話をしています。」

「私達はこれからも必要に応じてプルートにミルクを飲ませて、彼を注意深く見守っていきますが、今の彼には新しい母親や兄弟がいるため、きっとこのまま素敵な未来に向かって歩み続けることでしょう」とケイリーさんが話してくれました。

こうして独りぼっちだったプルートは、保護先で素敵な出会いを果たすことができました。プルートはこれからもたくさんの愛情を感じながら、幸せいっぱいの毎日を過ごしていくことでしょう。
出典:dorsetrescuekittenslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう