人生に、もふもふを。

家族の知らないうちに、家に侵入したネズミと愛猫が友達に! 一緒に水を飲んでいたところを偶然家族が目撃してビックリ!

0

ある日、猫の『サイモン』の飼い主で、チリのプンタ・アレーナスに住むベンジャミン・サグレドさんが、自宅のキッチンから聞こえてくる、何かの鳴き声のような奇妙な音に気づきました。音はとても小さく、たまにしか聞こえなかったため、ベンジャミンさんはあまり気にしていませんでした。

「私達には当初、それが何の音かは分かりませんでした」とベンジャミンさんが言いました。

「後から思うと、飼い猫のサイモンが椅子の下で何かと遊んでいる姿を1度だけ見たことがありましたが、私達はそのことをあまり深く考えませんでした。」

結局、サイモンが家族の中で一番早く、奇妙な音を出している侵入者に気づきました。そしてサイモンはどうやらその侵入者を歓迎することに決めたようです。

ある朝、ベンジャミンさんがキッチンに入ろうとすると、予想外の光景を目撃しました。そこにはサイモンと一緒に水を飲むネズミの姿があったのです!

どうやら心の広いサイモンは、小さな侵入者と友達になったようです♪

「ふたりはお互いのことをよく知っているように見えました。私はこのことを家族に信じてもらうために、ふたりの姿をカメラに収めることにしました。」

その時の様子がこちら。(動画)

「サイモンとネズミはとってもフレンドリーな関係に見えました。私はその様子をしばらく見ていて、サイモンがネズミを傷つけたりすることは無いだろうと確信しました。」

「私達はネズミにチェフチートと名づけました。」

サイモンの愛情いっぱいの行動は、ベンジャミンさんや家族にも伝播しました。

ベンジャミンさんは当初、チェフチートが慣れない家の環境から外に出たいだろうと考えて、チェフチートを家の外に出しました。しかし、その考えはすぐに間違っていることに気づいたのです。

「チェフチートはその後も何度も家に戻ってきました。そしてサイモンはチェフチートを毎回嬉しそうに迎え入れました。サイモンは本当に愛情深く社交的な猫です。もしチェフチートがこれからも家に来続けるようなら、私達は彼を家族の一員として迎えようと考えています」とベンジャミンさんが話してくれました。
出典:simonel.gatothedodo

この猫の記事を友達にシェアしよう