人生に、もふもふを。

保護施設で運命の出会いを果たした飼い犬と保護猫。家に着くまでの9時間の間、車の中で幸せそうに寄り添い続ける♪

0

タマスカン・ハスキーの『レイブン』と保護猫の『ウッドハウス』は、運命の出会いを果たして以来、いつも一緒にいるようになりました。その姿はまるで長年一緒に暮らしてきた親子のようです♪

ある日、レイブンは飼い主さんと一緒に車で保護施設へと向かいました。そして、施設に着いたレイブンは、ケージの中にいたウッドハウスに目が釘付けになったのです。

どうやらレイブンはウッドハウスに一目惚れしたようで、「この子と一緒に暮らしたい」と言っているかのように、飼い主さんの目をジッと見つめてきました。飼い主さんはそんなレイブンの想いに応えて、ウッドハウスを家族の一員として迎えることに決めました。

こうして施設から引き取られたウッドハウスは、車で9時間かけて新しい家へと向かうことになりました。

移動中の車の中で一番最初にレイブンがウッドハウスに教えたのが、愛情いっぱいの抱擁でした。レイブンはウッドハウスと一緒にいられることがとても嬉しかったようで、自宅に着くまでの間、ほとんどの時間をウッドハウスを抱き締めながら過ごしていたそうです。

さらにレイブンは車の中での昼寝がとっても気持ち良いことをウッドハウスに教えました。

ウッドハウスは新しい飼い主さんにもすぐに慣れたようで、レイブンにしてもらったように、飼い主さんの腕を抱き締めることもあったそうです♪

もちろん自宅に着いてからもレイブンとウッドハウスのハグは終わりませんでした♪

もしかするとレイブンは、ウッドハウスと出会った瞬間に、ウッドハウスが助けを必要としていることを感じ取ったのかもしれません。そして、ウッドハウスを何とかして助けたいと思い、飼い主さんに強くお願いしてきたのかもしれません。

こうして運命の出会いを果たしたふたりは、一瞬で親子のような関係になりました。幸せそうに寄り添うふたりの姿を見ていると、こちらまで心がポカポカしてきますね♪

もうウッドハウスは独りぼっちではありません。これからはレイブンや優しい家族に囲まれながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:jumperposselovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう