人生に、もふもふを。

強い絆で結ばれた3匹の保護子猫に出会った家族。どうしても3匹を切り離すことができなくて、一緒に家族として迎える!

0

ある日、車のエンジンルームから子猫の『オダハヴィーング』が助け出され、保護施設『レン・レスキューズ』で養育ボランティアをしているアシュリー・ケリーさんの家にやって来ました。オダハヴィーングは口唇裂で生まれた子猫で、チューブによる24時間体制の栄養補給を必要としていました。

その後、オダハヴィーングがひとりでご飯が食べられるくらいまでに力強くなると、活発に部屋の中を歩き回るようになりました。「オダハヴィーングはとても純粋で甘く、いつも赤ちゃんのように抱っこされると幸せそうに鳴き始めます」とアシュリーさんが言いました。

アシュリーさんがオダハヴィーングを預かってから数週間後、特別な支援を必要としている別の子猫が家にやって来ました。『アッティス』と名づけられた鼻に斑点のある子猫は、小脳形成不全で生まれて、動こうとすると身体がグラグラと揺れました。またアッティスは生まれた時から目が見えませんでしたが、他の感覚を使って家の中を歩くことができました。

「アッティスはヒゲを使って振動を感じたり、周りの音や匂いによって、自分の周りのことを完全に把握することができます。もし彼の目が見えないことを知っていなければ、盲目だということを簡単に見分けることは不可能でしょう。彼は驚くほど上手く歩き、他の子猫のように走り回って飛び跳ねます。」

その後、アッティスとオダハヴィーングが出会うと、ふたりはずっと一緒にいたかのように強い絆で結ばれました。

アッティスはオダハヴィーングといられることが嬉しくて、いつもゴロゴロと喉を鳴らしながら眠りにつきました。アッティスはオダハヴィーングのおかげでさらに勇敢になり、自信を持って行動するようになりました。

その頃、『マチルダビーンズ』という名前のキジトラ子猫が、兄弟と一緒にアシュリーさんの家にやって来ました。「マチルダビーンズは上気道感染症を患っていて、人間の助けを必要としていました。」

マチルダビーンズの兄弟はすぐに身体を回復させましたが、マチルダビーンズだけは多くの健康問題と戦い続けていました。「マチルダビーンズが病気を乗り越えるには1ヶ月間ほどの治療が必要でした。彼女には酸素吸入による治療、ネブライザー(鼻や喉の炎症を抑える薬剤を超音波によって細かい霧状にして放出する機器)による治療、とても強力な抗生物質による治療、目薬や点鼻薬による治療が必要でした。そんな状況にもかかわらず、彼女は生きたいという強い意志を持っていて、病気と戦い続けました。」

そしてついにマチルダビーンズは快方へと向かい始め、それに伴って好奇心が旺盛になっていきました。さらにマチルダビーンズが友達と遊ぶことを熱望するようになったため、アシュリーさんはアッティスとオダハヴィーングを紹介しました。すると3匹は一瞬で結ばれて、一緒になって遊び始めたのです。

「彼らは最初から強く結びつきました。彼らはお互いに補完し合っていて、私の家にたくさんの喜びを運んできてくれました。」

その後、3匹は十分に成長し、里子に出られるようになりました。アシュリーさんは3匹が一緒の家に行くことを望みましたが、それがとても難しいことだということを知っていました。

それから数週間後、アシュリーさんは里親申請書を受け取り、非常に驚きました。何と3匹を一緒に引き取りたいという家族が現れたのです!

それはまさにアシュリーさんが強く望んでいたことでした。

「私は3匹を一緒に引き取りたいという家族に会って話をしているうちに、思わず泣いてしまいました。」

その後、家族は3匹を自宅に連れて帰り、一緒に暮らし始めました。

「私達は彼らが強い絆で結ばれていたため、彼らをバラバラにすることができませんでした」と3匹を引き取った家族が言いました。

マチルダビーンズは既に窓辺にお気に入りの場所を見つけたようで、いつもその場所で昼寝をしているそうです。

「マチルダビーンズがアッティスやオダハヴィーングと遊んでおらず、さらに私に寄り添っていない時は、いつも窓辺のお気に入りの場所でくつろいでいます。私達の新しい旅は彼らと一緒に始まりました。私達は今とても興奮しています」と家族が嬉しそうに話してくれました。

こうして保護先で出会った3匹の子猫達は、最高の絆で結ばれて、生涯の家で幸せな生活を始めることができました。これからも3匹は一緒の時間を過ごしながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう。
出典:bruceandfoxfosterslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう