人生に、もふもふを。

助けを求めて玄関前に現れた子猫。ずっと願っていた夢を実現させて、愛情に満ちた幸せいっぱいの家猫生活を始める!

0

ある日、カナダのモントリオールに住む家族が、玄関前で寂しそうにしている子猫の姿を発見しました。可哀想に思った家族は、子猫にいくつかの食べ物を食べさせてあげました。すると子猫はその日から何度も家に姿を見せるようになったのです。

子猫は毎晩やって来て、玄関先で夕食を食べました。子猫は次第に家族のそばまで近づいて来るようになり、夜は玄関のそばに留まるようになりました。

家族は近所の人達に子猫について聞いて回りましたが、誰も子猫のことを自分の猫だという人は現れませんでした。そこで家族は子猫が安全に暮らせるように、子猫を保護して地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に助けを求めました。

保護施設で『グレナディン』と名づけられた子猫は、さっそく動物病院に連れて行かれて、そこで必要な治療を受けました。

「獣医さん達はグレナディンのノミを取り除き、怪我の治療を行いました。私達は獣医さんにマイクロチップを探してもらいましたが見つかりませんでした」と保護施設のスタッフが言いました。

最初の頃のグレナディンは少し臆病でしたが、養育ボランティアのマリリンさんのおかげで、ゆっくりと人間のことを信頼し始めました。「グレナディンは路上での生活に苦労していたようです。そのため彼女が完全に心を開くまでには少し時間がかかりました。」

マリリンさんの家で過ごし始めてから数週間後、グレナディンは人間や他の猫と一緒の時間を楽しむようになりました。グレナディンは静かな性格でしたが、家の中で何が起こっているのかを常に知りたがっていました。

「グレナディンは太陽が沈んでいくのを見るのが好きで、とても表現力が豊かな耳を持っています。彼女は甘くて愛情深くて、いつも人間と同じ部屋にいたいと思っています。」

グレナディンの人生の始まりは大変なものでしたが、マリリンさんのおかげで次の人生に向かうための準備が整いました。

そして数週間後、グレナディンはついに生涯の家族と出会いました! グレナディンはずっと願っていた夢を実現させることができたのです。

新しい家に引っ越したグレナディンは、いつも家族のハグに喜びを感じていて、家族の後を追いかけながら、家の中を楽しそうに歩き回っているそうです。

家族がテレビを見るために座ると、すぐにグレナディンが寄り添ってきます。グレナディンは室内飼いの猫として、今の生活を存分に楽しんでいるのです。

グレナディンはオモチャ、食べ物、柔らかい毛布、温かい家族の膝など、身の回りにあるもの全てを愛しています。グレナディンは毎日窓辺に座りながら外の景色を楽しんで、太陽の光を浴びながら幸せそうに眠りにつくそうです。

また好奇心旺盛なグレナディンは、家の中を駆け回って、レーザー光線を追いかけるのが大好きです。グレナディンはとっても遊び好きの、自信に満ちた猫へと生まれ変わることができたのです。

こうして玄関前に現れたグレナディンは、安全な家の中で新しい人生をスタートさせました。最初は臆病だったグレナディンですが、今ではすっかり人間好きになり、幸せいっぱいの毎日を過ごしているのです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう