人生に、もふもふを。

温かい膝に最高の幸せを感じた保護子猫。優しくしてくれた女性のことをじっと見つめて、今がとっても幸せなことを伝える

0

ある日、生まれたばかりの5匹の子猫が路上で発見されて、地元の保護施設へと運ばれてきました。子猫達の話を聞いた養育ボランティアのペニー・リチャーズさんは、すぐに子猫達を受け入れることを申し出ました。

生後約2日の子猫達は、ヘソの緒がついたままの状態でした。子猫達の身体はまだとても小さく、暖かくて安全な場所を必要としていました。ペニーさんは毛布を敷いたベッドを用意し、抱きしめることのできるヌイグルミを置いて、2〜3時間おきにミルクを飲ませました。

『ディリー』と名づけられたキジトラの子猫は、最初から5匹の中で一番目立っていました。ディリーは他の4匹よりも小さな身体をしていましたが、食べることへの思いが一番強い子猫でした。

「ご飯の時間が近づいてくると、いつもディリーが一番大きな声で鳴き始めます。そのため私は毎回最初に彼女にミルクを飲ませ、他の子猫達の食事の後でもう一度彼女にミルクを飲ませます。」

身体が一番小さかったディリーは、子猫達の中で一番最後に目が開きました。ディリーは新しい世界を目にするとすぐに人間に魅了されました。「ディリーは本当に人間のことが好きで、視覚が発達すると、そのつぶらな瞳で私達のことをじっと見つめてくるようになりました。」

ディリーはこの時すでに魅力的な個性が溢れ出していました。「ディリーはいつも積極的で、何か伝えたいことがある時は躊躇することなく話しかけてきます。また彼女は不思議な場所で寝るのが好きで、よく子羊のヌイグルミを抱きしめています。」

3週齢を迎えると、ディリーと兄弟達はヨロヨロしながらも歩き回れるようになりました。子猫達はいつも団子状になって、元気いっぱいにプロレスごっこをしているそうです。

その後さらにディリーが成長すると、好奇心もさらに増していきました。子猫達が初めてフワフワのボールを発見した時も、ディリーが一番最初に近づいて行って、愛らしい猫パンチを繰り出しました。

そしてディリーが遊び疲れると、いつもペニーさんのところに駆け寄って、膝の上で眠りに落ちていくそうです。

「ディリーは常に抱きしめていたいほど可愛らしい子猫です。彼女はいつも喉を鳴らしながら、私の膝に登ったり、寄り添ったりしてきます。」

ディリーは毎日、ペニーさんのことを独り占めし続けました。ディリーはまるでペニーさんの全ての行動を研究するかのように、大きな目でじっとペニーさんのことを見つめてくるそうです。

そして保護から9週間が経ちました。ディリーはまだ5匹の中で一番小さな身体をしていますが、他の兄弟とほとんど変わらない大きさになりました。ディリーは相変わらず好奇心の塊で、家のいたるところで可愛いハプニングを引き起こしているそうです。

「ディリーの周りにはいつも笑顔が溢れています。彼女は最初から大きな個性を持っていて、小さな身体を完全に補完しています。彼女は本当に甘えん坊で、人間の膝の上が大好きです。」

「ディリーはいつも幸せそうに過ごしていて、喉のゴロゴロが止まりません。また私が彼女の名前を呼ぶと、すぐに駆け寄ってきます。」

その後、子猫達が十分に成長すると、すぐに全ての子猫に新しい家族が決まり、生涯の家へと旅立っていきました。ディリーもみんなのおかげで素敵な家族に出会うことができました。

新しい家で暮らし始めたディリーは、早速『ロナン』という名前の新しいお姉さんと仲良くなりました。イタズラ好きのディリーはロナンのシッポで元気に遊んで、どこまでもロナンの後についていきます。ディリーはロナンの行動をしっかりと観察しながら、全てのことをマネしようとしているのです。

「ディリーはとても大きくなりました。現在の彼女は生後5ヶ月で、体重が2.4kgあります。彼女は一日のうちの多くの時間を走り回ったり、お姉さんにちょっかいを出したり、加湿器を観察したりしています。彼女は高いところが好きで、私に寄り添うのが大好きです。彼女の行動はいつも面白くて、私は絶えず笑っています」とディリーを引き取ったシラさんが話してくれました。

こうして路上から保護されたデイリーは、みんなのおかげで大きく成長することができました。ディリーはこれからもたくさんの愛情を受け取りながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:fosterkittenacademylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう