人生に、もふもふを。

骨折で衰弱し、うずくまりながら必死に痛みに耐えていた子猫。優しい保護主さんの元で幸せになっていく姿に胸が熱くなる

0

2019年の夏のこと、骨折の痛みにうずくまり、動けなくなっていた生後2ヶ月ほどの子猫。どうやら車にぶつかってしまったようで、非常に衰弱していて、呼吸が荒く、獣医さんの助けを必要としていました。

保護された子猫出典:おかかの成長記録

保護主さんはすぐに子猫を動物病院に連れていくと、子猫の状態が想像以上にひどいことが分かりました。獣医さんに1週間も持たないかもしれないと言われた保護主さんは、ショックのあまり涙が止まらなかったそうです。

保護された子猫出典:おかかの成長記録

しかし、保護主さんの献身的な看護と子猫の生きたいという気持ちが、子猫の運命を大きく変えました。『おかか』と名づけられた子猫は徐々に元気を取り戻し、新たな人生を歩み始めたのです。

おかかが元気を取り戻していく様子はこちら。

素敵な保護主さんに出会えて本当に良かったね。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう