人生に、もふもふを。

衰弱した状態から助け出された子猫達。いつも一緒の姿が優しい夫婦の心を動かし、ふたりはずっと一緒にいられることに

0

ある日、深い絆で結ばれた子猫の兄妹が、150匹の猫と共に劣悪な環境の家から助け出されました。子猫達は保護団体『トロント・キャット・レスキュー』によって保護され、保護施設『アビー・キャット・アダプションズ』に運び込まれました。子猫達は優しい人達のおかげで、生きるチャンスを得ることができたのです。

子猫達はその後、養育主さんの愛情で危険な状態から脱し、無事に元気を取り戻すことができました。子猫達はもう食べ物のために戦う必要がなく、たくさんの愛情に幸せを感じていました。子猫達は養育主さんにだっこされるのが大好きで、いつも愛情を求めて養育主さんに寄り添いました。

「子猫達は助け出されて以来、大きな変化を遂げて、健康で幸せな子猫になりました」と保護施設のスタッフが言いました。

その後、子猫達が生涯の家を探す準備ができた時、スタッフ達は子猫達が一緒に新しい家族の元に行かなければならないことを知っていました。子猫達はとても強い絆で結ばれていて、お互いの存在が必要不可欠だったのです。

ちょうどその頃、トロントで暮らすマッシモさんとザイリーズさん夫婦が、家族に迎える新しい猫を探していました。夫婦は16歳の三毛猫の『モス』を失い、心に空いた穴を埋めようとしていたのです。そして夫婦は子猫達の投稿を見つけ、ふたりの姿に強く心を動かされました。

夫婦はすぐに保護施設に連絡を取り、無事に子猫達を里子に迎える準備を整えました。その後、『ジェシー(三毛)』『ジェームズ(茶トラ)』と名づけれた子猫達は、生涯の家で新しい人生を歩み始めたのです。

最初の日の夜、子猫達は人間のお父さんの肩の上に登って、すぐに眠りに落ちていきました。

「子猫達は非常に友好的で、たくさんのハグを必要としていました。私達は彼らが最初からとても甘いことに驚かされました」とマッシモさんが言いました。

子猫達はすぐにここが自分達の家だと感じ、一度も物陰に隠れたりすることはありませんでした。子猫達は何も恐れておらず、家の中の王様のように過ごし始めたのです。

子猫達は一緒に家の中を探索し、新しい匂いをチェックして、身の回りにあるもの全てを調べました。また子猫達は常に注目されたいと思っていて、毎日たくさんの抱っこを要求してきたそうです。

「子猫達はいつも私達のそばにいて、常にキスやハグの準備が整っています。」

「ジェームズはいつも元気いっぱいで、家のいたるところで狂ったように飛び跳ねています。時々、彼はジェシーや自分のシッポを追いかけ回し、遊び疲れると私達に寄り添ってきます。」

ジェームズは好奇心の塊で、色々な場所でハプニングを起こしています。そしてエネルギーが切れると夫婦の膝の上でチャージして、再び元気いっぱいに遊び始めるそうです。

一方のジェシーはいつもジェームズの後を追いながら、家のあちこちで一緒にイタズラをしているそうです。「ジェシーはお兄さんのマネをするのが大好きです。彼らは本当にいつも一緒です。」

子猫達は保護から僅か3ヶ月ほどで飛躍的に成長しました。子猫達はいつも優しくしてくれる夫婦の元に、喜びと笑顔を運び続けているのです。

「子猫達は私達を必要としていました。そして私達は子猫達を必要としていました。私達は彼らに出会えたことに心から感謝しています」とマッシモさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして保護先で元気を取り戻した子猫達は、最高の家族と出会うことができました。子猫達はこれからもお互いに愛情を注ぎ合いながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:AbbeyCatAdoptionslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう