人生に、もふもふを。

非常に小さな身体で保護された子猫。美味しいミルクと優しい人達との出会いで命をつなぎ、ついに成長を始める!

0

ある日、保護施設『アーリントン・ウェルフェア・リーグ』に手の平サイズの小さな子猫が運ばれてきました。施設のスタッフ達はすぐに子猫に特別な治療が必要だと感じ、地元の動物病院『ノヴァ・キャット・クリニック』へと連れて行きました。子猫は生後1週間ほどでしたが、体重はわずか50gしかありませんでした。

子猫は哺乳瓶よりも小さな身体をしていましたが、生きたいという強い意志を持っていました。獣医のエレンさんは『危険な状態の子猫を助けることを目的としたチャリティー・プログラム』で子猫を助けることを決めました。

『マグラット』と名づけられた子猫は、最初からとても勇敢でした。マグラットはその小さな手でしっかりと哺乳瓶を掴み、お腹に入るだけのミルクを飲みました。

エレンさんとチームのメンバーは、マグラットの感染症を治すために必要な治療を始めました。

エレンさん達はマグラットの身体を温かく保つために、昼寝をしている時は保育器で体温の調整を続けました。

また、マグラットのために小さなセーターを用意しました。

マグラットは生後16日目で体重が143gに増加しましたが、まだ生後1週間にも満たない子猫の大きさしかありませんでした。

マグラットのような人工哺乳で育った子猫は免疫力が弱く、感染症のリスクが高まります。マグラットも細菌性の肺炎にかかり、酸素室の中で10日間を過ごしました。マグラットはエレンさん達の適切な治療のおかげで何とか命をつなぎ、危険な状態から脱することができたのです。

「彼女が回復したのは本当に幸運なことでした。マグラットは抗生物質と抗ウイルス薬を1日数回服用し、徐々に快方へと向かっていきました。」

その後、生後2ヶ月を迎えたマグラットですが、まだポケットサイズの大きさでした。しかしマグラットは毎日たくさんのご飯を食べて、確実に成長を続けているそうです。

「マグラットは非常に小さいこと以外は普通の子猫と変わりません。彼女が一番好きなことは、かくれんぼをすることです。彼女は部屋の中を元気に駆け回り、人間をビックリさせて逃げるのが好きです。」

マグラットはまだ小さいですが、全身にエネルギーが溢れていて、これからさらに大きくなることを決心しています。マグラットの日々の成長は、誰にも妨げることはできないのです。

こうして身体の小さかったマグラットは、エレンさん達のおかげでここまで成長することができました。マグラットはこれからもたくさんの愛情を感じながら、確実に成長を続けていくことでしょう。
出典:thecatlvtlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう