人生に、もふもふを。

新しい家に迎えられた親指のある保護子猫。そこで出会った優しい先住犬が、幼かった子猫を素敵な猫へと成長させる(*´ェ`*)

0

ある日、野良猫だった『スカイウォーカー』が地元の住人に保護されて、動物病院へと連れて来られました。この時のスカイウォーカーはまだ幼く、3週齢ほどだったそうです。

動物病院に勤めていたキム・ダウニーさんの夫は、スカイウォーカーのことが気になって、自宅へと連れて帰りました。すると自宅で暮らしていたゴールデンレトリバーの『モジート』が、スカイウォーカーに驚くほどの愛情を示し始めたのです。

「モジートは出会ってすぐにスカイウィーカーにキスをしました。するとスカイウォーカーはとても安心したようで、モジートにピッタリと寄り添い始めました」とキムさんが言いました。

その後、モジートはスカイウォーカーのお母さん役を引き受け、毛づくろいを始めました。そして、スカイウォーカーが寂しさを感じないように、愛情いっぱいに抱き締めたのです。

さらにモジートはスカイウォーカーにバードウォッチングの楽しさを教えました。

ふたりが出会う少し前まで、モジートはベイダーという名前の猫と深く結ばれていました。モジートとベイダーは常に一緒に過ごし、愛情を注ぎ合っていたのです。

そして現在、モジートはスカイウォーカーと深い絆で結ばれています。

スカイウォーカーも新しいお母さんのことが大好きで、絶え間なく注がれる愛情に大きな幸せを感じているようです。

「スカイウォーカーはモジートのことを完全にお母さんだと思っているようです。モジートはとっても愛情深いお母さんで、元気いっぱいのスカイウォーカーに毎日優しく接しています。」

モジートは新しい我が子をとても愛おしく思っていて、常に寄り添いながら優しく見守っているのです。

また、モジートはいつもスカイウォーカーの体調を気にかけていて、全身をしっかりと掃除してあげているそうです。

そんなモジートのおかげでスカイウォーカーは眠る時も幸せいっぱいです。

スカイウォーカーが大きくなるにつれて、ふたりの絆はさらに深まっていきました。

モジートに抱っこされながら親指を立てるスカイウォーカーの姿は、まるで「いいね!」をしているようにも見えますね♪

また、相変わらずふたりの共通の娯楽は、一緒にバードウォッチングをすることだそうです。

常に一緒のふたりは眠る時もこの通り♪

モジートはたくさんの愛情を持った犬で、困っている動物や人間を見つけると、すぐに駆け寄って、顔を舐めたり、抱き締めたりするそうです。スカイウォーカーはそんな優しいお母さんのことをとても慕っていて、いつもそばで幸せを感じているのです。

お互いのことを大切に想っているふたりは、完全に切り離すことのできない、かけがえのない存在なのです。

スカイウォーカーの大きさは随分と変わりましたが、ふたりの信頼関係は今でも全く変わることはありません。

こうして幼い時に動物病院に運ばれてきたスカイウォーカーは、新しい家で最高のお母さんに出会うことができました。お互いを完全に信頼し、常に一緒に過ごすふたりの姿に心がポカポカ温まりますね(*´ω`*)
出典:mojito_roselovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう