人生に、もふもふを。

車道にいた子猫を助けたことで、人生が大きく変わった男性。1匹でも多くの猫を幸せにするために素敵な活動を始める!

0

ある日、チャック・ホーリーさんが車を運転していると、路上に小さな毛玉が落ちていることに気づきました。チャックさんはその毛玉が立ち上がるまで、それが子猫だとは分かりませんでした。

幼い子猫は道路にくっついているようで、自由に動くことができなくなっていました。チャックさんは急いで車から降りると、他の車を制止しながら子猫の方へと向かいました。そして子猫のところまで辿り着くと、子猫の身体に粘着性のものが絡まっていて、その場から動けなくなっていることに気づいたのです。

チャックさんは子猫を路上から救出して、安全な車の中へと連れて行きました。

子猫はチャックさんに助けてもらえたことが分かったようで、チャックさんの肩によじ登って、嬉しそうに寄り添い始めました。「どうやら子猫は私の肩の上がとても気に入ったようです」とチャックさんが言いました。

チャックさんは子猫の身体を綺麗にすると、地元の動物病院へと連れて行きました。子猫はそこで全身をしっかりと洗われて、必要な治療を受けました。

その後、チャックさんが子猫を自宅に連れて帰ると、家族みんなが一瞬で子猫に恋をしました。家族は子猫を家に迎えることを決めて、子猫に『スティッキー』と名づけました。

スティッキーは保護された時からチャックさんの肩や頭が大好きで、家に着いてからもその場所で過ごしました。スティッキーはチャックさんのおかげで人生が永遠に変わったのです。スティッキーは美味しいご飯でお腹を膨らませ、家族に抱きしめてもらえることに大きな幸せを感じました。

スティッキーは常に抱っこされたくて、一日に何度もハグを要求してきました。またスティッキーはいつも家族にかまってもらいたくて、愛らしい足取りで家族のところへと突撃していきました。

優しい家族の元ですくすくと育っていったスティッキーは、成長とともに個性が輝き始めました。スティッキーは同居犬とプロレスごっこをしたり、まるでこの家を所有しているかのように家のいたるところで走り回りました。またスティッキーは全てのことに興味津々で、家事や家の修理などをしている家族を監督するのが好きでした。

スティッキーは毎日、家の中で様々なハプニングを起こして、遊び疲れると家族に寄り添いながら幸せそうに眠りにつくそうです。

常に元気いっぱいのスティッキーは、家族の元にたくさんの笑顔と喜びを運んできました。

その後さらに成長を続けたスティッキーは、今年の秋で2歳を迎えます。スティッキーの姿は随分と変わりましたが、家族への想いは幼い頃から全く変わっていません。

家の中には座る場所がいくつもありますが、スティッキーが一番好きな場所は、やっぱりチャックさんの肩の上なのです。

チャックさんとスティッキーはお互いを見つけた日から最高の仲間です。スティッキーは一日の多くの時間をチャックさんと過ごしていて、いつも一緒に昼寝をしたり、一緒に遊んだりしているそうです。

さらにスティッキーとの出会いはチャックさんの人生を大きく変えました。チャックさんは不幸な猫を1匹でも減らし、幸せな猫が1匹でも増えるように非営利団体『スティッキー・ザ・キティー財団』を立ち上げたのです。

「動物達への愛情によって、世界中に希望と喜びを広めることができると考えています。私達はそのための手伝いをしていこうと思っています。スティッキーは私達に進むべき道を示し、希望と思いやりの象徴になりました」とチャックさんが話してくれました。

こうしてチャックさんがスティッキーの人生を変え、スティッキーがチャックさんの人生を変えました。これからもふたりは最高の仲間として、幸せな未来に向けて一緒に歩み続けることでしょう(*´ω`*)
出典:stickythekitty503lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう