人生に、もふもふを。

妊娠した身体で路上を彷徨っていた野良猫。大切な我が子を幸せにするため、出産の直前に勇気を出して人間に助けを求める

0

ある日、妊娠中の野良猫が保護されて、保護活動を行なっている人達のところに運ばれてきました。猫は全身がノミに覆われていて、養育主さんの世話を必要としていました。そのため地元の保護施設『オレゴン・フレンズ・オブ・シェルター・アニマルズ』が猫を引き取り、養育主さんを見つけました。

猫はその後、養育ボランティアのアンジェラ・スーさんと一緒に帰宅しました。アンジェラさんはすぐに全てのノミを洗い流して、必要な治療を始めました。『アイリス』と名づけられた猫はすぐにアンジェラさんの愛情を受け入れて、嬉しそうに喉を鳴らし始めたそうです。

アンジェラさんはスタッフ達から「あと1週間くらいでアイリスは出産するだろう」と聞いていましたが、それは間違いでした。

「驚いたことにアイリスが家に着いてから数時間後、彼女は出産の準備を始め、4匹の元気な子猫を産みました」とアンジェラさんが言いました。

「もしかするとアイリスは家の中が安全で、私達が自分と子供達の世話をしてくれることを知っていたのかもしれません。」

アイリスは安全な避難場所に辿り着くことができて興奮しているように見えました。ここには柔らかい毛布のベッドがあり、近くにはいつも十分なご飯があるのです。

それから数週間、アイリスは24時間体制で子猫達の世話を続けました。アンジェラさんはそんなアイリスのそばに、美味しいご飯と水を用意しました。そして時々アイリスに食事の時間を思い出させるために、口のところまでご飯を運んであげました。

「アイリスは私が今まで出会った中で、最も甘い猫のひとりです。彼女はいつも満足そうにゴロゴロと喉を鳴らしています。」

「私がアイリスの好きな性格の1つに、お話し好きなところがあります。彼女は常に私や子猫達に向かって話しかけてきます。」

アイリスはとても子育て熱心で、子猫達が自分で毛づくろいができるようになっても、しっかりとグルーミングを続けているそうです。

アイリスは全ての子猫が清潔な状態を保っているかを常に確認しています。また子猫達がグルーミングの途中で脱走しようとすると、前足でギュッと押さえて、力強くグルーミングを続けるそうです。

いつも子猫達のことを気にしているアイリスは、常に子猫達に危険がないかを確認しています。もし子猫達が目の届かない場所に行こうとすると、すぐに駆けつけて安全な場所まで連れ戻します。また新しいオモチャを見つけると一番最初に試してみて、危険がないかを確認しているそうです。

「アイリスが私のところに来た時は出産の直前で、たくさんのノミに覆われていました。もし彼女があの時保護されていなかったら、今頃どうなっていたかを考えると心が痛みます。」

「私はアイリスが出産に間に合うように助けを求めてきたことをとても嬉しく思っています。彼女のおかげで子供達は厳しい環境の中で過ごす必要がなくなり、彼女は望んでいる全てのことを叶えられるようになりました」とアンジェラさんが話してくれました。

アイリスは大切な子猫達の成長を誇りに思っていて、いつも子猫達のことを見守っています。アイリスはこれからも子猫達にたくさんの愛情を注ぎながら、安全な家の中で幸せな毎日を送っていくことでしょう。
出典:fosteringlove.pdxlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう