人生に、もふもふを。

目が見えず母猫に置き去りにされた子猫。優しい夫婦の元で視力が回復すると、幸せいっぱいの愛らしい姿を見せてくれた

0

ある日、夫婦が家の近くを歩いていると、路上にうずくまる小さな生き物の姿を発見しました。夫婦がゆっくりと近づいていくと、それが子猫だと分かりました。

夫婦は子猫の母親が近くにいるかもしれないと思い辺りを探してみましたが、結局見つけることはできませんでした。

子猫はほとんど動けない状態で、鳴くこともできず苦しそうに呼吸をしているだけでした。さらに目を開くことができず、目の周りには血が溜まっていました。その姿を見た夫婦は、一目で子猫が危険な状態と分かりました。

しかし、動物病院の診察時間は既に終わっていたため、夫婦はすぐに家に帰り、子猫の顔の血を拭いてあげました。さらに身体をタオルで温め、シリンジでご飯を食べさせました。そして子猫の命が消えないように一晩中見守っていました。

その日の夜、夫婦は子猫に『ペニー』と名づけました。

次の日、夫婦は動物病院にペニーを連れていきました。

診察の結果、顔にできた傷は何かに強打してできたものだと分かりました。そして、子猫がもう助からないと思い込んだ母猫が、子猫を置き去りにしたことも分かりました。

自宅に戻った夫婦は、獣医さんに教えられた通りにご飯を食べさせ、目の周りを常に清潔にしてあげました。

そして保護から数日後、ついにペニーの目が開いたのです!

ペニーは夫婦の献身的な看病のおかげで、徐々に回復していきました。

怪我の状態は随分と良くなったペニーでしたが、顔の右側は少し変形した状態のままでした。

また、ペニーは右上の歯が折れていたため、口の右側がいつも上がっている状態になっていました。そのため夫婦にはペニーの表情がニヒルに笑っているようにも見えるそうです。

そんなペニーですが、食欲は旺盛で日に日に大きくなっていきました。

そして保護から2ヶ月後には、随分と大きく成長することができたのです。

ペニーは先住猫の『エデン』とも仲良くなり、いつも一緒に楽しそうに遊んでいるそうです。

そして保護から8ヶ月後、ペニーはとっても美しい猫へと成長しました! ちょっとニヒルな笑い顔は、今ではペニーのトレードマークになっているそうです。

こうして生まれてすぐに重傷を負い、母親に置き去りにされたペニーは、偶然通りかかった夫婦のおかげで命をつなぐことができました。そして、生きることを決して諦めなかったペニーは、優しい夫婦の愛情で再び元気を取り戻すことができたのです。

これからもペニーは大好きな夫婦やエデンに囲まれながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう。
出典:Octominoulovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう