人生に、もふもふを。

寄り添いながらお互いのことを守り合っていた子猫達。保護先でついに元気を取り戻し、自分達の夢を実現させる!

0

ある日、カナダのモントリオールに住むアイリーンさんが、路上で寄り添い合っている2匹の子猫達を発見しました。アイリーンさんは子猫達の兄弟を探しましたが見つからず、母猫も姿を現すことはありませんでした。

子猫達はお互いに寄り添い合いながら体温を保ち、野外の厳しい環境の中で生き抜くことができました。

子猫達はとてもお腹を空かせていて、24時間の世話を必要としていました。アイリーンさんは子猫達を保護すると、2時間おきに哺乳瓶でミルクを飲ませ、ふたりを危険な状態から救い出しました。

その後、子猫達が離乳の時期を迎えると、アイリーンさんは地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に助けを求めました。子猫達は施設で必要な治療を受けて、より良い人生を送るチャンスを得ることができたのです。

「子猫達は非常に幸運でした。アイリーンさんはギリギリのところで子猫達を保護して、健康な状態へと戻しました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

子猫達が保護施設に到着した時、スタッフ達はすぐにふたりの強い絆に気づきました。「『メルロー』と『モジート』と名づけられた子猫達は常に一緒に行動しています。ふたりはどこに行く時も一緒です。」

子猫達が養育主さんの家に移動するとすぐに、家の中の探索を始めました。もちろんその時も子猫達が離れることはありませんでした。

灰色の毛のモジートは多指症の子猫で、通常よりも多くの指を持っています。モジートはとても勇敢な性格で、いつもメルローのことをリードしているそうです。

「ふたりは身体が大きくなっても、キャットツリーの一番上で一緒に眠るのが好きです。ふたりは常にお互いのそばにいたいと強く主張してきます。」

「ふたりの絆は本当に美しいものです。ふたりは人間のことも大好きで、養育主さんが仕事から戻ってくると、いつもドアの前で一緒に待っています。」

モジートはおしゃべり好きで、何か伝えたいことがあると大きな声で話しかけてきます。また好奇心が旺盛で、動くもの全てを捕まえようとします。

「モジートはオモチャを見つけるとすぐに好奇心に火がつきます。でも彼が一度誰かに寄り添うと、途端に喉をゴロゴロと鳴らし始めます。」

一方のメルローはモジートのことを常に観察して、全てのことをマネしようとします。「メルローは少し恥ずかしがり屋で、モジートを追いかけるのが好きです。ふたりはお互いのことを上手く補い合っていて、素敵な絆を共有しています。」

子猫達は路上で保護されて以来ずっと、常に一緒で分離することはできません。そんなふたりの姿を見ていたスタッフ達は、ふたりが同じ家に行かなければならないことを知っていました。

そんな中、ある家族が兄弟のことを知り、ふたりに恋をしました。そして家族は保護施設に先週やって来て、ふたりを一緒に家族の一員に迎えました。

子猫達は里親さんを数週間待った後、ついに自分達の夢を実現させることができたのです。

「ふたりは生涯の家でいつまでも一緒に暮らしていくことでしょう。私達はふたりを同じ家に送り出すことができて、本当に嬉しく思っています」とセリーヌさんは話してくれました。

こうして保護された時からずっと一緒だった子猫達は、生涯の家へと旅立って行きました。きっと子猫達は新しい家でもたっぷりと甘やかされながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう