人生に、もふもふを。

優しい人達のおかげで健康な状態に戻った子猫。すっかり肩好きの子猫に生まれ変わり、新しい家族の元で幸せいっぱいに♪

0

ある日、子猫の『バンビー』と兄弟が路上から保護されて、カナダのモントリオールの保護団体のところへと連れて来られました。バンビーの身体はとても小さく、兄弟の大きさとは明らかに違っていました。

バンビーの兄弟はすぐに元気を取り戻しましたが、バンビーだけは苦労していました。そこで保護団体のスタッフは地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に連絡をして、バンビーを助けることができるかを尋ねました。

連絡を受けた保護施設は両手を広げてバンビーを迎え入れ、バンビーが必要としている治療を始めました。「バンビーは発達が遅れていました。彼女の身体は頭の大きさに比例して小さなままでした」と保護施設のセリーヌ・クロムさんは言いました。

保護施設の獣医さん達はバンビーの消化器系の治療を始めました。そのおかげでバンビーは少し体重を増やしましたが、それにはとても長い時間がかかりました。その間にもバンビーは感染症を患い、抗生物質やサプリメントでの治療が行われました。

バンビーはどんな時でも諦めず、時には喉を鳴らすこともありました。「バンビーは治療中も不満を言わず、素直に獣医さんに従っていました。そして彼女の状態は次第に良い方向へと向かい始めました。」

8週齢になったバンビーは平均的な子猫の半分ほどの大きさですが、他の子猫達と同じように遊んだり走ったりと、何でもすることができました。

そして、すっかり元気を取り戻したバンビーは、一気に個性を開花させました。

バンビーがキャットツリーの上にいない時は、いつも人間の肩の上に乗っていて、その場所から辺りを見渡しています。

「バンビーは肩に登り、人間の首に巻きつくのが大好きです。彼女は部屋中のあらゆる場所に忍び込みますが、人間が近くにいる時はいつも幸せそうに寄り添っています。」

バンビーは自分を救ってくれた人達に寄り添い、肩の上に登ることを愛しています。「バンビーは人間に寄り添うとすぐに安心した表情を見せてくれます。また、バンビーは人間のそばで毛布に包まって眠るのも好きです。」

養育主さんの家で暮らし始めてから2ヶ月後、バンビーはフワフワの素敵な猫に成長し、里子に出る準備が整いました。

そしてついにバンビーは、自分の夢を実現させました! ある家族がバンビーに恋をして、新しい家へと連れて行ったのです。

現在、バンビーは生涯の家族と一緒に新しい人生を送っていて、いつも大好きな肩に寄り添いながら、幸せな時間を過ごしているそうです♪

こうして路上から保護されたバンビーは、優しい人達に成長を助けてもらい、最高の人生を歩み始めました。バンビーは自分の人生を愛していて、毎日の生活に大きな幸せを感じているのです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう