人生に、もふもふを。

親しくなった猫のお腹に赤ちゃんがいることに気づいた家族。みんなに助けを呼びかけると、猫の親子は幸せいっぱいに!

0

ある日、カナダのブリティッシュコロンビア州の農村を1匹の猫が彷徨い歩いていました。猫を発見した家族は、猫のことが心配になり、『スカーレット』と名づけてご飯の世話を始めました。家族はスカーレットが飼い猫かもしれないと思い、飼い主さんを探しましたが、スカーレットを自分の猫だと言う人は現れませんでした。

その後、家族はスカーレットが妊娠していることに気づき、SNSを使って助けを求めました。すると1人の女性が家族に手を差し伸べ、スカーレットを引き取って、保護施設『シャスワップ・ポーズ・レスキュー・ソサエティー』へと連れて行きました。

スカーレットは無事に助け出されましたが、これから生まれてくる子猫達のためにも養育主さんが必要でした。そんなスカーレットの話を知った養育ボランティアのリンダさんは、躊躇することなくスカーレットの養育を申し出ました。

スカーレットは最初、慣れない環境にとても怯えて混乱していました。そこでリンダさんはスカーレットを静かな部屋に連れて行き、落ち着くまで待つことにしました。

その後、スカーレットは人間の優しさに気づき、徐々に自分の殻から出てきました。

本来、甘えん坊な性格だったスカーレットは、リンダさんに寄り添いながらくつろいだり、足に身体を擦りつけながら大きな音で喉を鳴らし始めました。また幸せに包まれたスカーレットは、両手で空中をこね始めました。「スカーレットはとってもフレンドリーな女の子です。彼女は撫でられることとお腹をマッサージされることが大好きで、いつも喉のゴロゴロが止まらなくなります」とリンダさんが言いました。

スカーレットは室内生活に慣れるにつれて、人間の注目と愛情を求め始めました。さらにそれから数週間でオモチャで遊ぶようになり、いつも足を動かすようになりました。

「スカーレットの足は常に動いています。彼女は家の中を走って、オモチャで遊んで、フミフミをしています。」

そして4月9日、リンダさんと家族は養育部屋から聞こえてくる小さな声で目を覚ましました。スカーレットはこの日、6匹の子猫を無事に出産したのです。6匹のうちの4匹は女の子で、残りの2匹は男の子でした。

「私達は子猫達を施設に連れてきたアイルランド人の女性にちなんで、子猫達にケルトの名前を付けることにしました。女の子はぞれぞれ『ファロン』『クィーバ』『アイブレアン』『アクロイ』、男の子はそれぞれ『フリン』『カーリン』と名づけました。」

スカーレットは出産から丸二日間は、誰にも子猫達を触らせようとしませんでした。リンダさんはそんなスカーレットの様子を近くから見守り、ご飯と水をスカーレットのそばに置きました。

優しいリンダさん達のおかげで、子猫達はみんな屋外の危険な環境ではなく、安全な家の中で伸び伸びと成長することができました。スカーレットはとても愛情深いお母さんで、いつも子猫達の全ての要求に答えているそうです。

その後、目を開けた子猫達は遠くの方へと移動し始めましたが、スカーレットは決して子猫達を視界の外に出そうとしませんでした。そして子猫達が鳴くたびに返事を返して、子猫を清潔に保つために一日に何度も毛づくろいを行いました。

それから少し経つと、子猫達は容器からご飯を食べるようになりましたが、食事が終わるとすぐにお母さんの元に戻ってきて、みんなで一緒の時間を過ごしているそうです。時々、ヤンチャな子猫達にもみくちゃにされるスカーレットですが、本人は全く気にしていないようです。

「スカーレットは最初からベッドや毛布よりも床の上が好きでした。でも先週の火曜日、彼女は自ら柔らかいベッドに入って、幸せそうにベッドをこね始めました。私はその姿を見て幸せな気持ちに包まれました。」

「スカーレットは子猫達が十分に成長したら、施設に彼女を連れてきた女性の家族に引き取られる予定です。女性は時々、スカーレットや子猫達に会いに来ています。そして愛らしい親子と遊びながら、幸せな時間を過ごしています。」

「女性はこれまでの1年半で数匹の猫を保護し、去勢や避妊手術を受けさせて、新しい家を見つけてきました。そんな優しい女性に助けてもらったスカーレットと子猫達は、これから先もずっと安全な家の中で暮らし、いつまでも幸せな時間を過ごしていくことでしょう。」

こうして農村で見つかった妊娠中のスカーレットは、安全な場所で出産し、子育てに全ての力を注ぐことができました。これからもスカーレットや子猫達は、温かい人間の愛情を感じながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:tyler.rossabroadlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう