人生に、もふもふを。

命を救ってもらった動物病院で暮らし始めた猫。運ばれてくる動物達を優しく看護し、助けてくれた人達への恩返しを続ける

0

ある日、カリフォルニアのアグーラヒルズにある動物病院に、脊椎を損傷した野良猫の『ファーガス』が運ばれてきました。「ファーガスは背中の半分から下が麻痺していました」と獣医のレイチェル・ウォーラックさんが言いました。

「私がファーガスの状態を確認すると、後ろ足とシッポに感覚があることが分かりました。でも彼はそれらを動かすことができませんでした。私は彼を隅々まで診察して、彼が再び歩くことができる可能性があると感じました。」

レイチェルさん達はファーガスの回復にとても時間がかかることを知っていましたが、ファーガスを病院で受け入れて、治療を続けることを決めました。

レイチェルさん達は最初に、ファーガスの痛みと尿路感染症の治療を行いました。そしてファーガスが何かの感覚を取り戻すたびに、みんなでお祝いをしました。そして数週間後、治療を続けたファーガスは、初めてひとりで立ち上がることができたのです。

「ファーガスが立ち上がれたのは、私達の世話によるものではありませんでした。彼は猫の友達に会うことで、立ち上がるための力を得ました。」

その日、動物病院に子猫の『サルバドール』がやって来ました。「私達がファーガスのケージの前に階段を置くと、サルバドールが挨拶のために登ってきました。そしてサルバドールを迎えるために、ファーガスが初めて立ち上がったのです。その姿を見た私達は、とっても嬉しくて思わず飛び上がってしまいました!」

その後、ファーガスが探索するのに十分な強さを取り戻すと、病院内を歩き回るようになり、新しい友達と次々と出会いました。「ファーガスは熱中症から回復中の犬に出会い、一日中犬のそばに寄り添い続けていました。」

また、親のいないアヒルのヒナに出会った時も、ヒナにピッタリとくっつきながら、ヒナに暖かさと快適さを与え続けていました。そんなファーガスの姿を見たレイチェルさん達は、ファーガスが何か特別なものを持っていることに気づいたのです。

「ファーガスは病院にやって来る動物達を毛づくろいし、いつも清潔に保たれているかを確認するのが大好きです。そして、そんな彼の元にある日、保護されたばかりの10匹の子猫がやって来ました。」

子猫達の中に1匹だけ危険な状態で、つきっきりの看護が必要な子猫がいました。他の兄弟はすぐに養育主さんの家に向かいましたが、その子だけはそのまま病院に残って、ファーガスの看護を受けることになったのです。

『スカイウォーカー』と名づけられた子猫は、道路の脇で動かなくなっているところを発見されました。「スカイウィーカーは瀕死の状態で、なかなか回復する兆しが見えませんでした。私達は彼のノミを全て綺麗にしたら、ファーガスに会わせてみることに決めました。」

ファーガスはスカイウォーカーと出会うとすぐに愛情を注ぎ始めました。そのおかげでスカイウォーカーは徐々に元気を取り戻し、ついに自らご飯を食べ始めたのです。

ファーガスはスカイウォーカーを健康な状態に戻す手助けをし、スカイウォーカーが里子に出られるくらいに成長するまで、ずっとそばに寄り添い続けていたそうです。

そして最近、『オリバー』という名前の子猫が、シッポを怪我した状態で病院に運ばれてきました。勇敢なオリバーは手術の翌朝には随分と落ち着いて、大きな声で鳴き始めました。

スタッフ達はオリバーの治療にピッタリの看護師がいることを知っていました。早速スタッフ達がファーガスを紹介すると、オリバーはすぐにファーガスの腕に頭を擦りつけて、寄り添ったまま眠りに落ちていったそうです。

ファーガスは困っている動物達が何を必要としているかを分かっていて、自分が何をするべきかを知っているのです。

こうして動物病院で怪我を治してもらったファーガスは、そのまま病院に残り、新しい人生をスタートさせました。ファーガスは自分を助けてくれた人達にいつも感謝していて、困っている動物達にたくさんの愛情を返し続けているのです。
出典:oaksvetcarelovemeow (lovemeow)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう