人生に、もふもふを。

世話してくれた女性の元に、自分の子供を連れてきた母猫。1年がかりで保護すると、保護の翌日に驚きの光景が待っていた!

0

ある日、1人の女性が自宅の近くで、白黒の野良猫に出会いました。野良猫はとても人間を恐れていましたが、女性は野良猫に『クッキー』と名づけ、信頼を得ようとご飯の世話を始めました。

その後、クッキーは息子の『スクラッピー』を連れて、女性の元に現れるようになりました。クッキーはとても野生的でしたが、スクラッピーは母親ほど野生的ではなく、最初から人間が近づくことができました。

ふたりは高速道路と繁華街の間にある、ゴミが散乱した空き地に住んでいました。女性はふたりのことを心配し、ふたりを家族に迎えることに決めました。

さっそく保護活動を始めた女性は、すぐにスクラッピーを保護することに成功しました。女性は早速スクラッピーを獣医さんのところへと連れて行き、ノミやお腹の虫を駆除してもらい、去勢の手術を行いました。

しかし、とても野生的で人間を警戒していたクッキーは、なかなか保護することができませんでした。

「私はその後もクッキーにご飯を与え続けました。でも彼女の方は、スクラッピーを連れて行った私のことをさらに信用しなくなっていました。でも私は彼女を保護することを諦めませんでした」と女性は言いました。

その後、女性がクッキーに近づけるようになるまでに1年近くかかりました。そして、ようやく女性はクッキーを保護することに成功し、自宅に連れて帰ることができたのです。

「それは本当に奇跡的なことでした。その辺りにはオポッサムやアライグマ、キツネやアルマジロなどの野生動物達も姿を見せることがあり、クッキーを捕獲器で捕まえるのは本当に大変なことでした。」

女性はクッキーのために静かな部屋を用意して、暖かいベッドの上にたくさんのタオルを敷きました。また、たくさんの食べ物と水も用意しました。するとクッキーはその日の夜遅くに落ち着き始め、暖かい部屋の中で眠りにつきました。

そして一夜明けると、驚きの光景が女性を待っていました。

「翌朝、私がクッキーの様子を見に行くと、4匹の子猫達が私を迎えてくれました! 彼女のお腹の中には新しい命が宿っていたのです。私は彼女だけでなく、幼い子猫達も安全な場所で育てられることに、大きな喜びを感じました。」

「クッキーは保護する前から身体が少しずつ大きくなっているように見えましたが、まさか妊娠しているとは思ってもいませんでした。さらに驚いたことに、彼女は私が子猫達を触ったり抱いたりしても、決して怒ったりしませんでした。」

どうやら人間を避け続けていたクッキーは、この1年のうちに女性のことを完全に信頼するようになっていたようです。

クッキーはすぐに子猫達に愛情を注ぎ始めました。

また、クッキーは息子のスクラッピーとも久しぶりに再会したそうです♪

「クッキーとスクラッピーはこれまで苦労しながら生きてきましたが、今は家の中で幸せそうに暮らしています。彼らと4匹の子猫達は大きな一つの家族です!」と女性が嬉しそうに話してくれました。

こうして優しい女性のおかげで、6匹の猫の命が救われました。これからも親子は家猫として、安全な家の中で、いつまでも楽しい毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:shaunesphotolovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう