人生に、もふもふを。

道路脇で動かなくなっていた瀕死の子猫。動物病院でみんなを世話する猫のお父さんのおかげで、再び成長を始める

0

ある日、女性が車を運転していると、道路脇に幼い子猫の姿を発見しました。子猫は非常に衰弱していて、微かに呼吸をしているだけでした。女性はすぐに地元の動物病院へと連絡をしました。

「女性は子猫を車の中に運び込んで、私達のところに電話をしてきました。彼女は自宅で子猫の世話をすることができなかったため、子猫を私達の病院に連れて行ってもいいかと尋ねてきました」と獣医のレイチェル・ワラックさんが言いました。

「彼女は子猫が力強く生きて欲しいとの願いを込めて、子猫に『スカイウォーカー』と名づけました。」

スカイウォーカーは全身がひどく汚れていて、脱水症状と栄養不足で痩せ細っていて、ノミに覆われていました。スタッフ達はすぐに水分を補給し、抗生物質を与えました。スカイウォーカーはとても喉が渇いていて、僅かに食べられるだけの力しか残っていませんでした。

「スカイウォーカーは最初の24時間をほとんど寝て過ごしました。路上での生活は彼を命を確実に削っていきました。」

それから数日間、スカイウォーカーは危険な状態が続きました。スタッフ達は細心の注意を払いながら看護を続けましたが、スカイウォーカーはほとんど成長しませんでした。スタッフ達はその後も看護を続け、スカイウォーカーの病気を治すと、母親代わりの猫を紹介することに決めました。

スタッフ達は数匹の猫をスカイウォーカーに会わせてみましたが、どの猫もスカイウォーカーとは合いませんでした。しかし、病院でリハビリ中のオス猫の『ファーガス』を会わせてみると、明らかに他の猫とは違う反応を示したのです。

スカイウォーカーはファーガスが隣にいると安心するようで、たくさんのご飯を食べるようになり、急速に元気を取り戻していきました。

元々保護猫だったファーガスは、これまでに多くの養育経験があり、たくさんの困った動物達を救ってきました。そしてスカイウォーカーと出会った時も、ファーガスはすぐに世話を始めました。ファーガスはスカイウォーカーを抱きかかえて、優しく毛づくろいを始めたのです。

「ファーガスの優しい毛づくろいとたくさんの愛情が、スカイウォーカーを大きく変えました。スカイウォーカーは2日間で100gほど体重を増やしました。」

ファーガス自身も困難な状況から救い出された猫で、足を麻痺した状態で保護施設『レン・レスキュー』に運ばれてきました。その後、施設のスタッフ達はファーガスに新しい人生を歩ませるために、動物病院へと連れて行きました。

動物病院のスタッフ達はファーガスの治療が長期化することが分かったため、ファーガスを引き取ることに決めました。そして治療を始めて数週間後、ファーガスはついに自分の力だけで歩き始めたのです。

「ファーガスを回復させたのは、私達の治療だけではありませんでした。ファーガスは病院で暮らしていた別の猫と親しくなったおかげで、徐々に力を取り戻していきました。」

動物病院で暮らし始めたファーガスは、困っている動物達に手を差し伸べるようになりました。ファーガスは病院内で気分の悪い動物達を見つけると、すぐに近づいていって、優しく慰め始めるそうです。

ファーガスは自分自身もケアを受けながら、病気や怪我の動物達に愛情を注ぎ続けています。それはまるで生きるチャンスを与えてくれたスタッフ達への恩返しのようでした。

「ある日のこと、ファーガスは熱中症で入院している犬に出会い、すぐに友達になりました。ファーガスは犬の友達を安心させるために、それから数日の間、そばから離れようとしませんでした。」

「鳥のヒナが運ばれて来た時もファーガスは優しく出迎えてくれました。そして母親と離ればなれになったヒナ達に、快適さと温かさを提供してくれました。」

そんな優しいファーガスの愛情で、スカイウォーカーは完全に元気を取り戻すことができました。そして好奇心の塊になったスカイウォーカーは、保護子猫の『イーティー』とも仲良くなることができたのです。イーティーもファーガスによって元気を取り戻した子猫のうちのひとりだそうです(*´ェ`*)

こうして瀕死の状態で保護されたスカイウォーカーは、ファーガスのおかげで回復し、新しい人生をスタートさせることができました。スカイウォーカーの大きな変化に、スタッフ全員が心から喜びを感じているそうです。

「スカイウォーカーはファーガスと出会うまで、成長することはありませんでした。ファーガスは本当に素晴らしい猫で、幼いスカイウォーカーにとって最高のお父さんです」とレイチェルさんは嬉しそうに話してくれました。
出典:oaksvetcarelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう