人生に、もふもふを。

ガレージの中でこっそりと子猫達を出産した母猫。安全な家の中に迎えられると、たくさんの「ありがとう」を伝えてきた

0

ある日のこと、保護施設『フラットブッシュ・キャッツ』のウィルさんの元に1本の電話が入りました。ウィルさんの友達の家のガレージで、野良の母猫と産まれたばかりの子猫達が見つかったというのです。

「その電話は近所に住む友達からでした。友達のガレージのドアが数日前に壊れてしまい、ドアが開きっぱなしになっていました」とウィルさんは言いました。

その間に猫がガレージの中にこっそりと侵入して、3匹の子猫を出産したようです。

数日後にようやくドアを閉められるようになった時、友達はガレージの外で不安そうにしている猫の姿を見かけました。「猫が出産した子猫達はガレージの中に閉じ込められて、とてもお腹を空かせていました。でもこの時の友達はまだ子猫達の存在に気づいておらず、猫がどうして不安そうにしているのか分かりませんでした。」

その後、友達が再びガレージのドアを開けと、子猫達が取り残されているのを発見したそうです。

その話を聞いたウィルさんは、猫の親子を保護するために友達の家へと向かいました。そして、母猫を捕まえようと捕獲器を設置していると、母猫の方からウィルさんのところへと近づいて来たのです。そして母猫はそのままウィルさんに挨拶をして、擦り寄ってきました。

「母猫は自らキャリーケースに入って来ました。もしかすると母猫は以前、誰かに世話をされていたことがあるのかもしれません。」

ウィルさんはガレージの真ん中に母猫の入ったキャリーケースを置きました。すると母猫の鳴き声を聞いた子猫達が、1匹ずつ物陰から姿を現したそうです。

子猫達は少し人間を怖がっていましたが、美味しいご飯とオヤツ、温かい抱擁と快適な暮らしの中で、すぐに人間を受け入れました。ウィルさんは母猫に『ポテト』、子猫達に『クリンクル』『トット』『シューストリング』と名づけました。

その後、猫の親子は養育ボランティアのアメリアさんの元で世話をされることになりました。「親子はみんなお風呂に入って、全身を綺麗にしました。ポテトはその後すぐに子猫達の毛づくろいを始めました。」

アメリアさんは猫の親子のために静かな部屋を用意しました。子猫達はすぐにフカフカのベッドが気に入ったようで、お母さんと一緒にくつろぎ始めたそうです。

「ポテトは家の中に満足していて、子猫達も元気いっぱいに過ごしています。ポテトはすぐにアメリアさんのことを信頼しました。どうやらポテトは、アメリアさんが子猫達のために最善を尽くしていることが分かったようです。」

「今回保護した子猫達はみんな健康で安全ですが、野外での生活で体調を崩す子猫達もたくさんいます。私達は1匹でも多くの不幸な猫を減らすために、これからも保護活動を続けていきたいと思います。」

そんなウィルさん達のおかげで、新しい生活を始めることができたポテトと子猫達。人間のことを完全に受け入れた猫の親子は、もう二度と路上を彷徨い歩くことはないのです。

「毎晩、ポテトはアメリアさんに寄り添いながら眠っています。猫の親子は暖かくて、安全で、幸せな時間を過ごしています」とウィルさんは話してくれました。

こうして出産する場所を探していたポテトは、安全な家の中で快適な暮らしを始めることができました。ポテトは安心して子育てができることに幸せを感じていて、助けてくれた人達にたくさんの「ありがとう」を伝えているのです(*´ω`*)
出典:flatbushcatsTNRlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう