人生に、もふもふを。

ゴミ捨て場の近くで見つかった子猫達を救い出した人達。子猫達のお母さんを懸命に探し続け、ついに親子を再会させる!

0

ある日、ロサンゼルスで保護活動を行なっているブレンダ・オルフェスさんが、ゴミ捨て場の近くで見つかった子猫達についての連絡を受けました。

その日、サウスロサンゼルスに住む女性が家の近くで鳴き声を聞き、袋の中にいる4匹の子猫を発見しました。「女性は子猫達を自宅に連れて帰り、ご飯を食べさせ、水を飲ませました。子猫達はとても喉が渇いていて、痩せ細っていました」とブレンダさんは言いました。

女性からの連絡を受けたブレンダさんは、子猫達を受け入れることのできる保護施設を探し始めました。そして保護施設『セービング・ワン・ライフ』が子猫達の救出に向かってくれることになったのです。

「今はちょうど子猫達が多く産まれる季節で、私達の施設は保護猫達でいっぱいでした。でも置き去りにされていた子猫達の写真を見た時、私達はすぐに行動しなければならないと感じ、数名のスタッフが130kmほど離れた現地へと車で向かいました」と保護施設のブリアン・ヤングバーグさんは言いました。

保護された子猫達は施設で必要な治療を受け、食べ物と居心地の良い環境の中で暮らし始めました。子猫達は全員が脱水症状で、4匹のうちの2匹は重度の栄養失調だったため、予断を許さない状況だったそうです。

しかし、それから数日間で子猫達の状態は回復へと向かい始めました。子猫達は確実に体重を増やしていき、全身にエネルギーが満ちていったのです。

その後も保護施設のスタッフ達は子猫達のお母さんを探し続けました。そして、地元の保健所に母猫と残りの3匹の子猫が運ばれてきたことを知りました。

スタッフ達はすぐに保健所へと連絡をしました。残念なことに2匹の子猫は既に命を落としてしまっていましたが、母猫と残りの1匹は保護施設へと連れて帰ることができました。

「母猫と一緒に生き残った子猫は『ミラクル』と名づけられました。そして母猫は『デスティニー』と名づけられました。」

その後、獣医さんの診察を受けたデスティニーとミラクルは、ついに昨日、4匹の子猫が待つ養育主さんの家へと到着しました。デスティニーとミラクルが養育部屋に入ると、4匹の子猫がすぐに匂いを嗅いで、みんなで寄り添い始めたそうです。

さらに4匹の子猫はデスティニーのミルクを美味しそうに飲み始めました。一方のデスティニーも、離ればなれになった子猫達と再会することができて、とても幸せそうな姿を見せてくれたそうです。

「親子は養育主さんの家で再会を果たしました。4匹の子猫はお母さんと兄弟が戻ってきたことにとても興奮していました。」

「親子はこれから安全な家の中で、徐々に身体を回復させていくことでしょう。そして元気を取り戻した親子は、新しい里親さんの元で幸せな人生を送っていくことでしょう。」

「私達はとても興奮しています。私達は離ればなれになった親子を再会させることができて、心から幸せを感じています」とブリアンさんは話してくれました。

デスティニーが帰ってきた今、子猫達は急速に元気を取り戻してきています。まだ幼い子猫達にとって、母親の愛情に勝るものは何もないのです。
出典:Saving One Life SDlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう