人生に、もふもふを。

後ろ足が動かせなかった保護子猫に、手作りの車椅子をプレゼント。元気いっぱいに走り回る姿に思わず胸が熱くなる

0

ある日、迷子の子猫がオックスフォードの通りを彷徨い歩いていました。子猫は後ろ足に怪我を負っていて、足を引きずりながら移動していました。

のちに『バーナード』と名づけられた子猫は、近所の優しい人に保護されて地元の保護施設へと連れて来られました。その後、施設のスタッフ達はバーナードの養育をお願いするために、保護団体『レン・レスキューズ』のジェニファー・ハートさんに連絡をしました。

ジェニファーさんはすぐに「はい」と返事をしました。そしてバーナードを引き取ると、オークス動物救急病院へと連れて行き、レイチェル・ワラッハ博士に診てもらいました。

「私達はまだバーナードの後ろ足を使えなくなった原因を完全には分かっていませんが、おそらく何かの拍子に脱臼してしまったのでしょう。彼は膀胱にも問題があるようで、一人で排尿することができませんでした」と保護団体のアリサ・スミスさんは言いました。

診察を終えたバーナードはジェニファーさんと一緒に帰宅し、ジェニファーさんのことを驚かせました。バーナードは後ろ足を使うことができないにも関わらず、驚くほど活発な姿をジェニファーさんに見せてくれたのです。

バーナードは前足だけで上手に移動しながら、家の中の探索を始めました。ジェニファーさんはそんなバーナードのために、仮の車椅子を作ってあげることにしました。

ジェニファーさんはお店でオモチャの車輪などを買ってきて、小さなカート型の車椅子を完成させました。そして早速バーナードに車椅子を装着すると、バーナードは勢いよく走り始めたのです!

「バーナードは車椅子を身につけた瞬間、物凄い勢いで走り始めました。彼はいつも楽しそうに移動しています。」

バーナードが動き回る様子はこちら。(スワイプして動画をご覧ください。)

保護から数日間で、バーナードは他の子猫と同じように何でもできることを証明しました。

「バーナードは自分が他の子猫と違っているとは思っていません。彼はとても甘えん坊で、寄り添うことが大好きで、誰とでもすぐに友達になります。」

そしてそれから1週間後にジェニファーさんは、バーナードの後ろ足の一本が動き始めていることに気づきました。残りの足は今も動かすことができませんが、バーナードは後ろ足を使わなくても、とても上手くやっているそうです。

バーナードの車椅子は今後さらに丈夫なものにバージョンアップされる予定ですが、今の状態でも自由に毎日を楽しんでいるそうです。

こうして足を動かすことができなかったバーナードは、ジェニファーさんのおかげで素早く動けるようになり、いつも家の中で元気いっぱいに遊び回っています。そして一日を十分に楽しんだ後は、優しい先住猫と一緒に、喉を鳴らしながら幸せそうに眠りについているそうです(*´ω`*)
出典:wrennrescueslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう